記事

モーリー・ロバートソン、東京医大は「他国なら集団訴訟になる」「女性に加点すべき」と持論を展開

1/2

東京医科大が女性受験者の得点を一律で減点していた問題に対し、8月5日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、ミュージシャン、ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏が独自の見解を示した。

まず、モーリー氏は「女性医師は出産や子育てを機に現場を離れるかもしれない」という考え方の背景には"生産性"の概念があると指摘する。(文:石川祐介)

生産性の概念が差別の正当化に使われている

画像は公式サイトをキャプチャ

続けて、「生産性という棒を振りかざせば、LGBTであろうが男女であろうが、外国人家庭に生まれたニューカーマーの日本人でもいいですが、あらゆる方法で足切りできる」と語る。"生産性"という言葉を武器にすればあらゆる差別を正当化できるというのだ。

女性が出産を機に辞めてしまうため減点したという説明も「単なる差別を正当化する言い訳でしかない」と語気を強める。点数が低かったのに下駄を履かされて合格した男性受験者が将来医者になってしまうことについては

「社会にツケを回してる。患者が損する。その分、優秀な女性の医師に命を救われたほうが良いと思います」

と口にした。

また、司会の東野幸治さんは「先進国でこんなことしてるのは日本だけなんですか?」とグローバルな視点での見解を求めると、モーリー氏は

「先進国でやったら集団訴訟の対象になる」

と回答。現在、「受験費を返せ」と抗議活動が行われているが、海外だとそんな生易しい要求では済まされないのだろう。

あわせて読みたい

「東京医科大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  3. 3

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  4. 4

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  6. 6

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  7. 7

    TBS出演医師 テレ朝でも政府批判

    水島宏明

  8. 8

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  9. 9

    休校よりも仕事を7日間休ませよ

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    突然の休校要請は社会を破壊する

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。