記事

認知症予防&対策のウソ、ホント徹底検証

1/2

「○○が認知症に効果的!」――。突拍子がなくて「バカな」と思う惹句でも、「それ、ホント?」と気になることはないだろうか。社会の高齢化に伴い、多くの人にとって心配事となった認知症。俗説や怪情報に惑わされないよう、その真偽を検証する――。

■科学的根拠がある説を見極めよ

「カレーが認知症に効果的」「高速道路の近くに住んでいると認知症リスクが高まる」……そんな本当か嘘かわからない情報がメディアに氾濫している。

PIXTA

その背景として、認知症に対する関心の高まりがあるのだろう。2025年には700万人を超えると予測され、65歳以上の日本人の5人に1人が認知症になる計算で、今や国民病といっても過言ではない。正しい情報を見極め、予防や治療に役立てるにはどうしたらいいのだろうか。長年認知症の予防に関わってきた朝田隆さんは、「効果がありそうな“甘い水”に惹かれるかもしれませんが、信頼性の乏しい新説に飛びついてはいけません」と説明する。

「認知症の予防にもっとも有効とされている有酸素運動は、研究発表から認められるまでに約30年かかりました。一方で医学の世界で常識とされていることが、後に否定されることもあります。長年の研究によって、エビデンス(科学的根拠)が確立された情報を選び、慎重に見極めましょう」

認知症は必ず治るという病気ではないが、予防や対策によって進行を遅らせることは可能だ。以下、世間に流布する多くの俗説を検証したので、正しい予防と対策に活かしてもらいたい。

▼認知症とはどんな病気か?
認知症はひとつの病気ではなく、70以上の病気による一定の症状を表しており、さまざまな種類がある。代表的な「アルツハイマー型」「レビー小体型」などは、脳内に老廃物がたまり、「脳血管性型」は脳卒中が原因で脳細胞が死滅していく。
新しいことが覚えられなくなる「記憶障害」、時間や場所がわからなくなる「見当識障害」、作業を手順どおりに行えなくなる「実行機能障害」などがおもな中核症状。その他、周辺症状として妄想や幻覚、不眠などが起きることもある。

Q.01:10時10分を示す時計が描けないと要注意?
「描けなければ、認知症の疑いがある」

認知症を調べる検査として、アナログ時計の絵を描いてもらう「時計描画テスト」がある。円の中に数字と時計の針を描き込んでもらう。認知症の疑いがある人は、円がいびつになったり、数字を均等に描けないことがあるのだ。

「認知症では普通にものが見えているのに、位置や向きを認識する能力が低下します。そのため図形を描けなくなったり、運転が下手になったりすることも。時計の絵は数字の配列が均等で、なおかつ10時10分や4時40分のように針が対称に描けたら、ひと安心といえるでしょう」(朝田氏・以下同)

Q.02:認知症が血液検査でわかるって本当?
「MCIのリスクがわかるようになってきた」

基本的に認知症は問診や画像検査などで診断される。しかし最近、血液検査で、軽度認知症(MCI)のリスクがわかるようになってきた。

「アルツハイマー病の原因の1つと考えられるのが、アミロイドβペプチドという老廃物。これを排除して毒性の防御をする3種類のたんぱく質の量を測定することで、アミロイドβペプチドがどれだけ蓄積されているかを推定。リスクが4段階で評価されます」

必要な血液はたった約7cc。2~3週後に結果が出る。

Q.03:認知症は手術で治る?
「ごく一部、治せるものもある」

アルツハイマー型やレビー小体型など、脳細胞が死滅していくタイプは、発症すると完治することはない。よって治すことより進行を遅らせることが目的になる。

「しかし脳室(脳内の空間)にたまった脳脊髄液が脳を圧迫することで認知障害が現れる正常圧水頭症は、脳脊髄液を抜けば症状が治まります。硬膜と脳の間に血がたまる慢性硬膜下血腫や、全身の機能が低下する甲状腺機能障害も、病気を治せば症状がなくなる。原因を調べずにあきらめてはいけません」

Q.04:MCIになったら、必ず認知症になる?
「健常に戻るケースも少なくない」

認知機能が低下しているものの、認知症までは至っていないのが、MCIだ。65歳以上の認知症有病者の推定値は15%、MCIは13%という統計がある。MCIからそのまま認知症に進行するのは、1年で約10%、4年以内には約50%と考えられている。

「ただしこれはそのまま放置した場合。生活改善や認知機能を高める訓練をすれば、2年間は進行を食い止めることもできます。5年たって逆に改善が見られ、健常に戻るのが約10~40%という調査もある。早めに診断を受けて対策をとるのが大事です」

Q.05:認知症に効く漢方薬がある?
「周辺症状を軽くするものはある」

認知症の特効薬はまだ開発されていない。現在、治療薬として日本で承認されているのは「ドネペジル」など4剤だ。アルツハイマー病は神経伝達物質のアセチルコリンが減少する。そこでドネペジルはアセチルコリンの分解を防ぎ、認知機能の低下を食い止める。

「認知症そのものを改善はしませんが、漢方薬が用いられることもあります。代表的なのは、7種類の生薬を配合した「抑肝散」。不安や精神の乱れなど、周辺症状を抑えるために処方されます」

Q.06:昼寝していると認知症になりにくい?
「30分程度が効果的」

朝田さんが研究した結果、昼寝の習慣がある人は、ない人に比べてアルツハイマー病になりにくいことがわかった。

「睡眠不足は脳と体にストレスを与え、海馬の神経細胞の再生が妨げられます。それが昼寝をすることでストレスが解消される。眠る時間でもっともいいのは、50歳までなら20分以内、それ以上は30分以内です。1時間以上昼寝すると、起きた後の活動性が下がって夜の睡眠の質も落ちて、かえってよくありません」

あわせて読みたい

「認知症」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  3. 3

    感染拡大要警戒 不安煽ると指摘

    内藤忍

  4. 4

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  5. 5

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  6. 6

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  9. 9

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  10. 10

    小池知事の透明性を欠く感染対策

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。