記事

思想教育の重要性について

「一般意志2.0」が橋下市長の“独裁”を止める?―現代思想家、東浩紀インタビュー(BLOGOS編集部)

インタビュー最後の部分だけ取り出して申し訳ないが、東氏は「理念」を持たねばならないと主張する。これは私も全面的に賛成する。我々のブログ『カエルの卵』はドラッカーの言葉が由来で、カエル卵のようにアイデアを溢れさせる事を理念としている。(理念をどの程度体現出来ているかは知らないが。)

この理念の中には、東氏言うように「宗教」や「民主主義」なんかも含まれる。
理念は危機のときこそ必要なんですよ。金があるときには、理念は必要ない。だから人間は理念なんかで動かないという前提が強くなる。
当然だと思った。いや、金がある時は「金そのもの」が理念なのかもしれない。佐藤優氏の『自壊する帝国』に出てくるサーシャが「アメリカの理念は資本主義だよ」と言っていたのが印象的だ。

最近は批判も多い言説だが、ウェーバーは『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』で、素朴な資本主義は単なる営利目的ではなかったが、信仰が薄れるにつれて営利が目的化していったと批判する。これが正しいかはさて置き、資本主義も一つの理念であるとは言えるだろう。ウォールストリートのデモも「資本主義という理念(アメリカンドリームと言っても良い)」の揺らぎが影響しているのかもしれない。
国内でも、「こういう国であるべきだ」という議論が死に絶えていて、これから50年後、100年後、日本がどういう国になるのか、「日本ってそもそもなんだろう」という議論がまったくない。常に金の計算しかしていない。
全く議論が無いとは言えないが、この種の議論が少ないのは確かだ。だから、「議論をすべきだ」と訴え続けねばならない。これもその通りだと思う。

だが、個人や国が理念を持つ為に「理念を持て」と主張するだけで良いだろうか。根本的に「教育のあり方」を変えていかねばならないのではないか。

確かに、今まで金の事しか考えていなかった人でも、成長してから先人の教えを知る事で「理念の重要性」に「気付く」ことも可能だ。だが、それは可能性であって、長期的に見て多数の人が理念の重要性を認識するには、幼少からの教育が重要だろう。

本当は、家庭でそのような教育が出来れば理想的だ。しかし、「理念の重要性」に気付いていない人が「理念の重要性」を家庭で「まともに」教育するとは思えない。

となれば、重要なのは「学校教育」だろう。しかし、ここには大きなハードルがある。日本の教育は戦争の反省により、「思想教育」について極めて慎重だ。「道徳」という授業はあるが、特定の思想に偏らないように、様々な思想の「結論」を抽出して曖昧に書いてある。「自然を大切にしよう」とか「差別してはいけない」とか、とても重要な事が書いてあるが、はっきり言って「非論理的」だ。

社会の授業でもそうだ。「アダムスミス」と「神の見えざる手」という言葉は、殆どの人が小中高と3回は習うはずだが、その背景に何があるかは教えてくれない。

特定の思想に偏るのが駄目なら、色んな思想を教えれば良い。哲学、宗教、色々あるだろう。「それをどうやって選ぶの?」という問題が当然起こるが、それを「議論で決める」必要があるのだ。

理念を身に付けさせるには、「教育」から変えねばならない。しかし、その教育を変える上で大きな障害がある。どうやって解決すれば良いのか。「議論をしろ」と訴えるのだろうか。

結局、私は「理念の重要性を訴えるだけでは駄目」だと言いながら「思想教育の重要性」を訴えかけているだけだ。この議論で分かったのは「教育がより本質的」という事だけだ。

この矛盾を解消する手立てについて私に有効な考えは今の所は無い。政治家として名乗り出るのは一つの手だが、皆が皆、政治家になるわけではない。

幸いにも、最近は思想の重要性を訴える政治家が出て来たように思う。彼らに全面的に賛成するわけではないが、(他力本願という残念さは残るものの)希望は出て来たのではないだろうか。

あわせて読みたい

「一般意志2.0」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  7. 7

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  8. 8

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。