記事

「中国の小話」その170―たまに弱腰になってもいいじゃない?

米国政府が中国製品に対する制裁関税を発表すると、中国政府も報復関税で応酬する米中貿易戦が全面展開の様相を呈している。

これに対して、中国国内の世論も分かれている。断固とした報復措置を講ずる言論が高まる一方、貿易戦争になれば、結局両国民が最大の被害者になるのは自明だから、何としても回避すべきだとする妥協論の支持者も多い。

空威張りしても損するだけだから、たまには米国の前で弱腰になってもいいじゃないかという主張もある。主張者たちはこのような根拠を挙げている。

1. ハーバード大学は北京大学よりランクが上だろう?
2. MITは清華大学より実力があるだろう?
3. 空母レーガン号は、遼寧号(中国初の空母)より強いだろう?
4. 国連本部はニューヨークにあって、上海にあるんじゃないだろう?
5. 世界の為替決済のセンターはウォール街にあるだろう?
6. ハリウッドは横店(中国浙江省金華市横店鎮にある世界最大の映画スタジオ、チャイナウッドとも呼ばれる)より素晴らしいだろう?
7. 米国のコンドームは我が国産のものより大きいだろう?

だったらそんな空威張りをするな!
メンツばっかりこだわって、自分の首を絞めるのをやめようよ。

あわせて読みたい

「貿易」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  7. 7

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  8. 8

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。