記事

市川海老蔵 子供たちの立場を考え、麻耶「完無視」を決断か

幸せいっぱいの麻耶と新婚夫

麻耶を「完無視」か

突然の結婚発表だった

 7月30日の夕方、市川海老蔵(40才)一家の姿は東京湾に浮かぶ屋形船にあった。そこで、長女・麗禾(れいか)ちゃんの7才の誕生日会が行われていたのだ。本来なら5日前の7月25日が誕生日だが、海老蔵が『七月大歌舞伎』に出演していたため、その日に延期されたという。

 船内はピンクや青、オレンジといった色とりどりの風船で飾られ、麗禾ちゃんと長男・勸玄くん(5才)は初めての屋形船に大はしゃぎ。食事を楽しみつつ、カラオケに興じる様子は本当に楽しそうで、幸せな一家の姿が映し出されていた。

 同じ頃、東京都心にあるマンションでは、新婚夫婦がふたりきりの夕食を楽しんでいた。その日のメニューはタイ料理。料理をする間も惜しかったのか手作りではなく出前で済ませる。新婚ホヤホヤ、どこで何を食べてもおいしいに決まっている。

 幸せそうに見える2組の家族。しかし、彼女はこれまで麗禾ちゃんと勸玄くん、2人の“ママ”として、最も近くにいた存在だったはず。どうして、誕生日を祝う場にいないのか。いつのまにこんなに距離ができてしまったのか──。

 7月27日、小林麻耶(39才)がブログで結婚を明かした。

《お相手は4歳歳下の優しい男性です。たくさんの愛と光に満ち溢れた生活を送っていきたいと思っています。結婚はしないと思っていた私がまさかの結婚をすることになったこのミラクルは、妹がいなくなり、あまりにも私が悲しみ続けていたので天国でみかねた妹からの最高のプレゼントだと感じています。》

 あまりに突然の発表だった。

「1か月前、バラエティー番組に出演した際には、彼氏の存在を否定していました。婚期についても“来年いける!”と口にしていたぐらいで、こんな急展開になるとは思ってもいませんでした」(テレビ局関係者)

 ブログのコメント欄には祝福の言葉が殺到。しかし、いのいちばんに祝ってもよかったはずの男の反応は驚くほど鈍かった。妹である小林麻央さん(享年34)の夫である海老蔵だ。

「結婚発表当日の27日は主演舞台『七月大歌舞伎』の公演中で、その日の終演後、記者からコメントを求められましたが、それにも応じませんでした。これほどおめでたい話はないのに、無視を決め込む理由は何なのか、疑問に思う記者も多かったです」(スポーツ紙記者)

 1日に何度となくブログを更新する海老蔵が、麻耶の結婚に触れたのは発表から2日後。自身のブログで、

《麻耶さんの結婚は当然おめでたいし嬉しいことです。あまり私から発信することでもないかなと少し控えていました。》

 とだけ、言葉少なに言及した。とはいえ、違和感はぬぐえない。麻耶は“家族同然”に暮らしてきた義姉であり、麗禾ちゃん、勸玄くんにとっては“ママ”のような存在だ。それだけに、《あまり私から発信することでもない》の真意は誰しもが計りかねた。

◆「心を鬼にして決めたのではないでしょうか」

 ある歌舞伎関係者は麻耶の結婚発表の時期についても疑問があるという。

「海老蔵さんが主演舞台中の結婚発表でした。勸玄くんも出演していて多忙の時期。なぜこのタイミングだったのでしょうか。占いとかあるのかもしれませんが、千秋楽まで待った方がよかったのではないかと思いましたね」

 それだけではない。冒頭、麗禾ちゃんの誕生日、麻耶は用事がなかったにもかかわらず顔を出すことはなかった。

「海老蔵さんはノリノリで誕生日の様子をブログに綴っていました。今までならあの場に麻耶さんがいないのは考えられません。しかも、用事もなくずっと自宅に引きこもっていたわけですから…」(麻耶の知人)

 海老蔵としては、新婚の“姉”を邪魔してはいけないと気を使ったのかもしれない。しかし、翌日の麗禾ちゃんのバレエ発表会準備にも麻耶の姿はなかった。

「昨年も麻耶さんが来ていましたし、発表会当日の送り迎えも麻耶さんでした。今年はなんで行かないのか。ここまで徹底して距離を置くのはあまりにも不自然に映ります」(前出・麻耶の知人)

 この日も麻耶は自宅で待機するばかりだった。

 春先から、ある時は海老蔵のマンションのエントランスで麗禾ちゃんと3人で笑顔を見せ、またある時は麻耶が運転する車の助手席に乗っているなどふたりの姿はよく見かけられるようになっていた。しかし、その距離が海老蔵にある決意をさせていたのかもしれない。

「麻耶さんと旦那さんとで子供たちを遊びに連れて行くことも何度かあったようです。でも結婚後もその状況が続くとなると海老蔵さんとしては複雑なはず。麻耶さんは単なる伯母というより“ママ”として接してきた。結婚後はそうはいきません。父親はあくまで海老蔵さんですから。子供たちの立場を第一に考えた海老蔵さんは、今後を考えて麻耶さんのことは“完無視するしかない”と心を鬼にして決めたのではないでしょうか」(前出・歌舞伎関係者)

 確かに結婚後も麻耶が子供たちと変わらぬ距離でい続けるのは、難しい問題かもしれない。

 冒頭の日の朝9時、通勤や通学の慌ただしい時間がひと段落した東京都心の住宅街。花柄ワンピを着た麻耶と、その数歩後ろを半袖短パンにキャップを被ったカジュアルな男性が歩いていた。両足と両手にお揃いの虫よけをつけたふたりは散歩帰りのようだ。本誌は麻耶に話を聞いた。

「結婚おめでとうございます」と声をかけると、麻耶はサングラス越しでもわかる満面すぎるほどの笑みを浮かべ「ありがとうございます」と返したが、その他はノーコメントを貫いた。

※女性セブン2018年8月16日号

あわせて読みたい

「市川海老蔵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  6. 6

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  7. 7

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  8. 8

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  9. 9

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。