記事

札幌・吹奏楽部指導死訴訟 自殺は顧問による不適切な指導が原因と訴え「思い込みで追い詰められ、自殺することがあってはならない」

1/2

2013年3月、北海道立高校の1年生、悠太(享年16)が地下鉄の電車にはねられ死亡した。所属していた吹奏楽部の顧問による不適切な指導を苦にした自殺ではないかと、母親は北海道を訴えている。

7月12日、札幌地裁(高木勝己裁判長)で、当時の吹奏楽部の顧問や教頭、生徒指導部長、原告の4人の証人尋問が行われた。顧問は前日の指導について「原因の一つにまったくならないかと言えば嘘になる」と答えたものの、現在の認識としては「まったくそう考えていません」と否定。原告の主張と対立した。

顧問は当初、前日の指導を「原因の一つ」としていたが…

悠太が自殺したのは2013年3月3日。指導を受けた翌日だった。学校側がまとめた資料の中に、当日の夕方、顧問が「部内で問題があり、指導した。そのことが原因ではないか」と発言したとされている。反対尋問でこれについて問われた顧問はこう答えた。

顧問「全くよぎらないかといえば嘘になります。それも原因の一つかなと思った」

しかし、被告側代理人に「現在の認識」を聞かれて、顧問は「まったくそう考えていません」と、因果関係を否定。原告側の主張と対立した。

生徒指導部は前提となる事実を正確に把握せず

指導は2回行われた。1回目はメールがきっかけ。同年1月26日。1、2年生の体制になって初めての演奏会が行われた。原告側によると、部活を休みがちになっていた悠太は「自分がいない演奏を聴いて、復帰するかどうか、自分の気持ちを確かめたい」と欠席し、演奏を聞いていた。

その結果、「もう一度、一緒に演奏したい」と思ったため、感想をメールで送った。顧問によると、<課題は残るが、まあまあだった>という内容だった(メールの内容は証拠提出されていない)。ただ、生徒指導部が正確な情報を把握してないことが尋問で明らかになった。

原告代理人「感想はメールではないか?」
生徒指導部長「メールではなかったと思う」
原告代理人「事実としてはメールであったようだが、把握してない?」
生徒指導部長「メールを確認したことを覚えておりません」

指導対象となったのはその後の返信メールの内容だった。これまで原告がその内容を請求していたのに被告側は出していなかった。しかし、最近になって証拠提出された。

それによると、部員の一人Bが悠太の部活欠席を非難する内容に加え、「邪魔だから消えるんだったらとっとと消えろ」と送った。悠太は、Bに対する脅迫とも取れる内容を返信した、また、悠太は個人情報が流出しているとして、流出させたと思ったAの名前をあげ、「明日殺す」と別の部員にメールしているという。

証人尋問が行われた札幌地裁

根拠とされるメールだが、提出されたものには発信元や日時の表示はない。部員から提供を受けたもので、改変の可能性はゼロではない。このことについて原告代理人が、悠太からのメール自体ではなく、LINEに貼り付けたれたものを並べたものではないかと指摘。被告代理人は「確認します」と言うにとどめた。メールの内容が本当かが疑問が残る。

しかも、吹奏楽部には「必要最小限」以外のメールは私的なものも禁止という部則がある。しかも、私的なメールを、悠太が参加していないLINEのグループに貼り付け、他の部員に共有された。その行為も同様にルール違反になる。それらの行為については、悠太同様の指導をしていた形跡はない。

「売り言葉に買い言葉」なのに、なぜ一方だけに指導を?

メールのやりとりについては、顧問や生徒指導部長は「売り言葉に買い言葉」と思ったと証言した。しかし、「命を脅かし、不安にさせる内容」として、悠太だけが指導された。加えて、顧問には「吹奏楽部の功績に泥を塗った」と大声で怒られたという。なぜ、やりとりの一方だけが指導されたのかは明確な回答はなかった。

2月1日、悠太の母親も呼び出された。メール内容については原告も一部は認めているが、ネットのコミュニケーションは流れがあるものだ。ところが、相手方は指導されず、かつ、部内の人間関係も考慮されなかった。加えて、翌日に悠太だけが部員の前で謝罪することになった。顧問はこのときの謝罪についてこう話した。

顧問「2月2日の決意宣言は、私が言わせた。しかし、内容は『ただ頑張る』という漠然としていたものだった」

指導を受けた悠太は反省文を15枚書き、4日に提出した。尋問では、顧問も生徒指導部長も触れていないが、読んだのだろうか。書かせるだけ書かせたのか。

あわせて読みたい

「指導死」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。