記事

JR東海 離職率「たった1.2%」の秘密

これからビジネスマンはどう変わるべきか。「プレジデント」(2018年4月30日号)では、特集「いる社員、いらない社員」で、大企業のトップ29人に「人材論」を聞いた。今回は、東海旅客鉄道(JR東海)の柘植康英会長のインタビューをお届けしよう――。

2017年の国鉄分割民営化から設立30周年を迎えたJR東海。主力事業の東海道新幹線で東京、名古屋、大阪の“大動脈輸送”を支え続けてきた。27年は名古屋までリニア中央新幹線が開通する予定だ。

■JR東海 鉄道以外の関連事業は約10倍の規模に拡大

東海道新幹線は開業以来、乗車中の利用者の死傷事故が一件もない。「『安全』という大切な哲学が脈々と受け継がれている」。その哲学を守るため、AIの時代に突入しても、柘植康英会長は「『人』の力が重要だ」と説く。

──JR東海の現状と課題は。

東海旅客鉄道(JR東海)会長 柘植康英氏

JR東海がこれまで担ってきた使命は、東海道新幹線による日本の大動脈輸送の維持、発展です。新幹線が結ぶ3大都市圏に日本の人口の50%超が住んでおり、JR東海は日本経済のエンジン部分を輸送を通じて支えてきたと思っています。一方で商業施設やオフィスビルの運営なども拡大してきており、鉄道以外の関連事業は会社発足当時の約10倍の規模に膨らんでいます。

現在の大きな課題といえば、リニア計画です。リニアの工事は歴史的にみても類をみない難工事となります。ただ、いつ起きるかわからない大規模災害に備えるためにも、大動脈輸送を東海道新幹線一本に頼るのではなく、早急にリニアを完成させて、動脈の二重化をしなければならないと思っています。

──創業からこれまで運行中の新幹線の死傷事故はゼロ(利用者由来の人身事故などは含まない)。この要因は。

私たちの会社にはルールを確かに守りぬくという風土があります。安全を保つということは「石橋を叩いて渡る」ということだと思っています。鉄道は自由奔放というわけにはいかないのです。

安全を守る風土に加え、新幹線をつくり上げた世界最先端の技術、そして高いモチベーションを保ち続ける人(社員)です。この3つが経営の大前提です。特に人の力は、鉄道にはなくてはならないもの。鉄道は、運転手に車掌、線路の保守をする人など多くに支えられています。現場には、大卒もいれば高卒もいます。その人たちが一致団結しなければ安全は保てないのです。

■離職率は世の中の平均7.9%に対し、1.2%と大変低い

話は国鉄時代に遡ります。国鉄末期は勤労意欲がない社員が大勢おり、会社全体に悪い空気が蔓延していました。国鉄が崩壊した要因の1つは「人」だったといえるでしょう。その後の民営化で新たなスタートを切った会社は、社員にいかに意欲を持たせるかということに注力し、人事制度や教育を一新しました。

たとえばアドバイザリー制度を導入しました。先輩社員1人が4人くらいの新人を受け持ち、会社がお金を渡して月に1回、定例会合を開いてもらいます。そこで新人がインフォーマルな相談をするのです。ここでの関係がその後、生涯の付き合いになることも多いのですよ。また、JR東海は35歳くらいまでは同期内に差をつけません。全体を引っ張り上げるからこそ、やる気の低下を防ぎ、同期同士の仲が良くなり、チームワークが向上するのです。

その結果として、われわれJR東海の定年退職を除いた離職率は、世の中の平均の7.9%に対し、1.2%と大変低いです。鉄道は技術を積み上げていくものなので、離職率が低いことは大事なことです。私は人というのは環境によっていくらでも変わると思っています。いくらでも能力を発揮し、意欲を高めることができると信じています。

──JR東海が社員に求めていることとは。

まずは、リニアプロジェクトや新幹線による大動脈輸送という国家的使命を背負っている自覚を持ってもらうこと。そして能動的であること。世の中やお客様のニーズは常に変わっていくので、その状況に対し自分の頭で考え、課題を見つけ解決できるような人間です。また、コミュニケーション能力も必要と考えています。鉄道はさまざまな職種の社員が協力して仕事をするもの。特にいまの若者は団体として行動する訓練をしている人があまり多くないです。だからこそ、新人教育では「集団でやりきる」ということを実践させているのです。

■2カ月の研修で、会社の魂を打ち込む

──実際にどんな新人教育をしているのでしょうか。

われわれの新入社員は入社後、静岡県三島市にある総合研修センターに集められます。大卒も高卒も全員1カ所にまとめられ、2カ月ほどかけて会社の魂を打ち込みます。朝は7時20分から体操です。最近は一人っ子の新入社員が多くて、人との接点が少なかったのか、この研修にびっくりする人も多いですよ(笑)。

■なぜ鉄道会社が、箱根登山、大縄跳び、合唱をするのか

もちろん、知識教育もします。ただ、知識教育は2カ月ぐらいじゃ頭に入りきらないので、あとは現場に行って勉強してもらうような形でやっている。研修ではどちらかというと「一体感をつくる」ことや「人間力を形成する」ことに力を注いでいます。

たとえば、新入社員はクラスわけされており、クラスごとに箱根の山(8里、32キロ)を登るのです。われわれは原則、クラス全員でのゴールを求めます。なので、クラスごとにペース配分などの作戦を練ったうえで挑戦するのです。途中で疲れて足の動きが鈍くなる人もいますが、互いに声をかけ合い、鼓舞します。

合唱コンクールもします。選曲から伴奏、練習方法まですべて新人が決める。大縄跳び大会も開き、クラスごとに何回跳べたか競わせます。

──山登り、大縄跳び、合唱。いずれも鉄道と直接関係ないのでは。

これは「みんなと一緒にやって成し遂げた」という達成感をここで味わってもらうためにやっています。そのことを感じてもらえるのであれば、なんでもいいのです。

大縄跳びなんて、インストラクターとして参加している先輩社員も一緒に、各クラス300~400回も跳びます。そこでも新入社員は跳ぶ力が弱い人を、最も縄が低く通る列の真ん中に配置するなど、クラスごとに創意工夫をするのです。

われわれは1人で1つの作業をやる会社ではないのです。たとえば運転手と車掌の仲が悪かったら、うまくいきません。個々の能力が高くなくても、われわれは組織となると非常に強いのです。

新人研修を終えた社員の中には、親御さんが驚くほど、見違えるように変わる人もいます。研修センターという入り口は、企業人としての重要な第一歩だと思っています。

▼QUESTION
1 生年月日、出生地
1953年8月6日、岐阜県大垣市
2 出身高校、出身大学学部
岐阜県立岐阜高校、東京大学経済学部
3 好きな言葉
十人の一歩は一人の十歩に勝る
4 最近読んだ本
『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』門田隆将
5 尊敬する人
父・柘植せん英
6 私の健康法
ウオーキング、週末テニス
柘植康英(つげ・こうえい)
東海旅客鉄道(JR東海)会長
JR東海副社長、社長などを経て2018年4月から現職。実家は真宗大谷派の久遠寺。小3のとき、お経を読む資格「得度」を受け、檀家を回り、お経を読んで歩いた。大学時代は応援部の吹奏楽団員として東京六大学野球の試合でユーフォニウムを演奏した。

(東海旅客鉄道(JR東海) 会長 柘植 康英 構成=高橋大気 撮影=横溝浩孝)

あわせて読みたい

「離職率」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  2. 2

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  3. 3

    大相撲「トランプ杯」授与に反対

    鈴木しんじ

  4. 4

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  5. 5

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  6. 6

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    雑誌の衰退は何を意味するのか

    門田隆将

  9. 9

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  10. 10

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。