記事

地上イージス導入は見直すべき

防衛省は、先月30日に、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基の配備費用が、総額で約4664億円になる見通しを明らかにしました。

アメリカの航空機大手ロッキード・マーチン社製の最新鋭レーダーを搭載しますが、金額は当初の想定から1基あたり約1.7倍になっています。当初はレーダーも含め1基800億円と試算されていました。ところが1基当たり約1340億円に膨れ上がり、導入後30年間の維持・運用費(約1954億円)などを加えて約4664億円になりました。日米両政府間で取引する有償軍事援助(FMS)で調達するため、金額は売主のアメリカ側の言い値になりやすく、さらに増え、6000億円近くに膨らむ可能性もある、と報じられています。

また2023年度予定だった運用開始も、アメリカ側の事情で大幅に遅れる方向、ということです。もともと北朝鮮情勢が緊迫していた昨年末に、政府は、北朝鮮の核・ミサイル開発を「重大かつ差し迫った新たな段階の脅威」と位置付けて、陸上イージスの導入を決めました。しかし、その後、南北首脳会談や米朝首脳会談によって、東アジア情勢は、緊張が緩和しています。

陸上イージスの配備候補地の秋田市と山口県萩市でも、住民の理解が得られていないことから、地質調査などの一般競争入札手続きが、8月2日から9月12日に延期されています。秋田県と山口県にある陸上自衛隊の演習場を配備候補地としていて、2018年度予算には整備費7億円が計上されています。政府が導入に固執するのは、昨年11月にトランプ大統領が来日した際、米国製軍事装備の大量購入を日本に迫った経緯があります。

しかし、アメリカの要求に応えるために、イージス・アショアがテロの標的になるのではないかなどの懸念から配備反対論が広がっている候補地の理解も得ないまま配備を強行することは、あってはならないと考えます。配備ありきではなく、地元や国民の声をよく聞き、配備に前のめりにならずに、導入を見直すべきだと思います。

あわせて読みたい

「ミサイル防衛」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    転んでもただでは起きない「ahamo」

    自由人

    04月18日 09:39

  2. 2

    中国が反発したくなるほどインパクトがあったのだから、日米共同声明はよかったということだろう

    早川忠孝

    04月18日 17:03

  3. 3

    会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす」

    キャリコネニュース

    04月18日 14:05

  4. 4

    「#二次加害を見過ごさない」私が毎日納豆を食べる理由 - アルテイシア

    幻冬舎plus

    04月18日 10:20

  5. 5

    養老孟司「生死をさまよい、娑婆に戻ってきた」病院嫌いが心筋梗塞になって考えたこと

    PRESIDENT Online

    04月18日 15:46

  6. 6

    日米共同声明 実務ベースで進めていく力が菅内閣にあるのか

    ヒロ

    04月18日 10:27

  7. 7

    アベノマスク評価 広報面でみれば大成功

    中村ゆきつぐ

    04月18日 10:06

  8. 8

    黒人女性を撃った警官の内幕モノにネットの非難轟々

    島田範正

    04月18日 16:09

  9. 9

    まさに「最強」、チーム鈴木宗男が立憲&共産の連合軍を吹き飛ばす!政治とカネの問題を繰り返す候補に喝っ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月18日 10:08

  10. 10

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。