記事

複業は「どっちの仕事も中途半端」? それでもボクが複業を選択する理由

1/2

地方でNPO法人を運営しながら、サイボウズで副(複)業している竹内義晴が、実践者の目線で語る本シリーズ。今回のテーマは、複業と本業の間で揺れ動く仕事に対する悩み。複業って中途半端なんじゃないの?死ぬ気で本業に打ち込んだほうがいいのかなぁ。

今回は、複業を始めて抱いている「悩み」について触れてみたい。

ただ……私はこの記事を書くべきか悩みながら書いている。なぜなら「複業はいいよー。最高だよー。いいことばかりだよー。だから、みんなもやろーよー」みたいな、複業を推進するような、元気が出るような内容ではないからだ。

でも、どんなことにも、ポジティブな面もあれば、ネガティブな面もある。ちゃんと現実に向き合い、それとどう付き合っていくのか。新しいことを始めるためには、そういうことも大切なのではないか。だから、私は書こうと思う。悩みをみなさんにお知らせしようと思う。なぜなら、それが、先陣を切って複業をはじめたものの務めだと思うからだ(大げさだなぁ)。

では、本題に移ろう。私の悩みを一言で言えば「中途半端感」である。

私の現在の働き方は、サイボウズが週2日で、それ以外は新潟で経営しているNPO法人に充てている。

サイボウズでは、サイボウズ式の記事企画や執筆、イベントの企画などを行っている。また、2017年に立ち上げたチームワーク総研のブログ記事作成や、社内におけるチームワークのコンテンツの言語化を担当している。

NPO法人では、職場の人間関係やストレスなどの問題を解決するための企業研修や講演、執筆、コーチングやカウンセリングに従事している。

まぁ、一言で言えば「いろいろやっている」のだが、それだけに、それぞれがなんとなく「中途半端な感じ」がすることが時々ある。

複業が「中途半端」に感じる2つの理由

「中途半端な感じ」をもう少し具体的にすると、大きく分けて二つある。一つは「仕事の中途半端感」、もう一つは「時間と意識の切り替えの難しさ」である。

一つに集中して死ぬ物狂いでやったほうがいいのでは?

まず、一つ目の「仕事の中途半端感」について。

私が運営しているNPO法人しごとのみらいは2010年に立ち上げた。現在の事業規模は、まだそれほど大きくない。

「もっと大きく!」「もっと早く!」形にしたいと思うなら、NPO一本に絞り、退路を断って、集中して、死ぬ気で打ち込んだほうがいいのではないか。そのぐらい本気でやらないと、物事を成すことはできないのではないか……と思うことが時々ある。

実際、複業を始めてからNPO一本のときより自由な時間はないし、やるべきことに追われている感もある。

だが、「死ぬ物狂いで」「がむしゃらに」「負担をかけて」働く働き方は、個人的な志向としてはあまり好きではない。無理して、短期的な成果を上げることよりも、多少の時間が掛かってもいいから、長い目で育てていきたいという想いがある。

また、これも個人的な志向だが、ヘトヘトになって物事を成すよりも、ボクは楽しく働きたい。楽しく働いた結果、物事を成したい。そのためには、多少の時間が掛かるのも仕方がない。

この、相反する状況に、私は悩んでいる。

二足のわらじは「時間」と「意識の切り替え」が大変

二つ目の「時間と意識の切り替えの難しさ」について。

冒頭にも触れたように、現在、サイボウズでの稼働は週2日だ。だが、稼働日でないときに、問い合わせや会議が入ることも少なくない。それはそうだ。私が稼働日でなくても社内では他のメンバーが働いているのだから。

そこで、稼働日でなくても、支障がない範囲で問い合わせに返信したり、会議に出席したりすることがよくある。

つまり、「今日は稼働日じゃないのでサイボウズの仕事はしません!」と稼働日によって仕事をはっきり切り分けるのが難しいのだ。

いや、完全に切り分けることはできなくはない。サイボウズでは「100人いれば100通りの働き方」を目指して「新・働き方宣言制度」というものができた

自由すぎる……! サイボウズが最近はじめた新しい「働き方制度」について聞いてみた


「ボクは週2日間働きます。稼働日以外の会議は不可です」のように働き方を登録すると、グループウェアのプロフィール欄にその情報が表示され、社内の他のメンバーがひと目でわかるようになっている。

だが、私はそれを選んでいない。稼働日以外の会議もOKにしている。なぜか。他のメンバーの業務が滞るのを望まないからだ。稼働はしていなくても、グループウェアへの返信ぐらいはできる。

むしろ「稼働日に返信しなきゃ」とタスクを溜めておくぐらいなら、その時々でチャチャっと片づけてしまいたい。ちなみに、稼働日以外に稼働した分の時間は、稼働日に調整している。


また、スケジュール管理も複雑だ。社内のグループウエアに複業の細かな予定は書きにくいし、社内のスケジュールを社外のスケジューラーに同期することはセキュリティ上問題がある。その結果、スケジュールは二重管理になっている。

また「意識の切り替え」も大変だ。例えば、今書いているこの原稿はスラスラ書けなかった。うまく書けないと頭の中が「あー、書かなきゃ」という気持ちでいっぱいになり、頭の中がモヤモヤする。その状況で「よし、今日はNPOの仕事をするぞ!」と思っても、原稿のことがどこかしらで気になっている。もちろん、この逆もある。

このように、複数の仕事をしていると、複業が本業に、本業が複業に影響を与えあうことがある。

時間や意識の切り替えでモヤモヤしたときも、なんとなく中途半端な感じがする。「複業していなければ、こんなモヤモヤ感は抱かなくても済むのに……」と思うのである。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  10. 10

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。