記事

暴君が暴走する理由

日本ボクシング連盟会長の話題ばかりテレビがやっている。
わしとしては大して面白くない。
アメフトの次はボクシング、スポーツの世界は似たような権力馬鹿が横暴の限りを尽くしているということか。

暴君と言えば、オウム真理教の麻原こと松本智津夫も似たようなものだった。
我が儘放題、やりたい放題、それに従っている信者たちにだって責任はある。

権力馬鹿の暴君は、分が悪くなると逃げ回る。
病院に入るか、言い訳するか、部下に責任を押し付ける。
実はヘタレなのだ。

昔からいた典型的な権力馬鹿が、今もいるというのが驚きだが、これから先も必ず出てくるのだろう。
だとしたら、権力馬鹿に周囲が媚びへつらい、組織の末端まで振り回される構図は、人間社会の宿痾なのかもしれない。

こういうことを書けば、アンチ小林よしのりが、おまえだって権力者じゃないかと、屁理屈言い出すことは想像がつく。
残念ながら、小林よしのりは権力者にはなれない。
なぜならわしにとっての権力者は読者であり、人気投票が低迷すれば、編集長から切られるだけなのだ。
小林よしのりの生殺与奪の権利は熱心なファンだけでなく、もっと幅広い一般読者が握っている。

世の中の暴君は、その上がいないから、暴走を始める。
安倍政権の生殺与奪の権利は、国民が握っているはずだが、いくら世論調査で反対の方が多い法案でも、暴君どもが、数の力で通していく。
漫画に例えれば、「面白くないけど、作者が続けたがっているから、いいや」と、読者が言っているようなものである。
漫画界ではあり得ないことが、政治の世界ではあり得るのだから、日本が腐ってしまってもしょうがない。

あわせて読みたい

「日大アメフト問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  2. 2

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  4. 4

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  5. 5

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

  6. 6

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  7. 7

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    孤独死は30代・40代の男性に多い

    PRESIDENT Online

  9. 9

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  10. 10

    米国民の本音「トランプ氏勝利」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。