記事

講談社「スティーブ・ジョブズ」、100万部出て「まさかの赤字」。背景は米国の……

ところで講談社が伝記「スティーブ・ジョブズ」の販売状況を公開したらしい。

前後編で100万部以上出たわけだけど、赤字だそうだ。


日本市場の場合、通常書籍は初版では赤字の「バーゲン価格設定」で販売され、運良く増刷りが掛かったときに黒字化していくのが一般的。

とはいうものの、もちろん増刷りが掛かりまくって100万部出てすら赤字(1冊あたりは50万部だけど)というのは、商品設計になにか決定的な問題点があったとしか思えない。まして1冊約2000円という高額書籍なのに。


理由は高額ロイヤリティーだそうだ。

米国では同書の標準小売価格は35ドル。まあ3000円といったところ。前後編に分かれておらず1冊だ。

日本の場合前後編2冊合計で4000円。もちろん英語書籍と日本語書籍の市場規模は比較するべくもないので日本のほうが高額になるのは当然だし2冊に分かれてる分だけ造本費用が嵩むので、値付け自体はそうおかしくはない。

が、それにしても100万部出てるのに赤字とは。これ本来1冊7000円とか値付けが必要じゃないの(笑)。前後編に分けたのも、もしかしたら高額なロイヤリティーを散らすために分冊がマストだったのかも。


どんだけ米国にふっかけられてたんだよ。

発売当時に出版物の市場規模とか多分ご存じない筋からずいぶん「講談社はぼったくり」非難を受けていたもんだが、割高の理由「講談社も読者も米国に貢ぎました」が判明して幕引きとはね。


もちろん契約なんだから、嫌なら出版権を取らなくても良かったわけだ。講談社は納得して契約してるんだし、別段「米国が悪い」わけではない。ただ強欲なだけで。

とはいえそこまでふっかけられたなら、私なら契約しなかったんじゃないかな。おまけに以下を見てもらえばわかる装丁(後編)すらボロカスに言われてたというのに。私はそう悪くは思わないけどね。



お気の毒に。

「100万部で赤字」試算でよく社内の企画会議通ったなあとは思うけど、まあ電子書籍版含めて黒字化したらしいから、担当役員は首の皮つながって一息ついてるんじゃないの。文庫化で今度こそ稼げるといいね。

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さまの即位辞退は「先手」

    小林よしのり

  2. 2

    金正恩氏の権威失墜で体制崩壊へ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    眞子さま周囲で高まる結婚願う声

    NEWSポストセブン

  4. 4

    韓国政府が恐れ? XJAPAN大ブーム

    NEWSポストセブン

  5. 5

    イギリス料理が美味しくないワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    秋篠宮さまの天皇辞退論は画期的

    猪野 亨

  7. 7

    自覚なし? 増殖する差別おじさん

    NEWSポストセブン

  8. 8

    沖縄3区で野党支援の候補が当確

    国民民主党

  9. 9

    小沢氏 沖縄3区は民主主義の勝利

    自由党

  10. 10

    保岡興治氏の要職外した安倍首相

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。