記事

藤井聡太の29連勝を止めた「佐々木勇気六段」CMの打診もあった


 藤井聡太に初めて黒星をつけた男は、一躍世間に名を轟かせた。対局が決まったとき、佐々木勇気六段は師匠の石田和雄九段に電話をした。

「当日はどんな気持ちで臨めばいいでしょうか。対局室には何分前に入った方がいいでしょうか」  

 取り巻く報道陣の数、世間の注目はこれまで経験したことがないものだった。いかにして、冷静に自分の将棋を指すか。幼い日から自分を育ててくれた師に、心の相談をした。気迫は報道陣にまで伝わってきた。意地を示した勝利だった。

 メディアはニューヒーロー誕生と囃したてた。端整なルックス、スイス・ジュネーブ生まれ。タレント的要素は、棋士のなかでも目を引いた。CM出演の打診まであったという。
 

 しかし佐々木はこうした依頼を断わり、取材に応じることもなかった。のちに『師弟』のインタビューで当時の心境をこう明かしてくれた。 

「タレントとして扱われるよりも、棋士として見て欲しかった」  

 小学4年で小学生名人戦で優勝。史上最年少だった。 16歳1カ月でプロデビューを果たす。読みの正確さと天性の冴えは、プロのなかでも早くから高く評価されてきた。

「本来なら、勇気君はもうタイトル戦に出ていなければならない」と師の石田は話す。棋士としては、高校進学が回り道だったのかもしれない。佐々木は言う。

「高校に行ったことに後悔はありません。限界までやって負けたときは、自分に才能がないのかと落ち込む。でも時間がたつと、努力が相手より足りなかったとも思える。悔いは残したくない。棋士人生は長いようで、短いですから」

ささきゆうき
1994年8月5日生まれ。23歳。スイス・ジュネーブ生まれ。埼玉県出身。石田和雄九段門下。2004年、小学4年生で小学生名人戦優勝。同年、六級で奨励会入会。2010年、16歳1カ月で四段昇段。これは当時歴代5位の若さであった。2017年竜王戦決勝トーナメントにて、藤井聡太の29連勝を止める。イケメン人気棋士の一人だ

写真&文・野澤亘伸

(週刊FLASH 2018年7月10日号)

あわせて読みたい

「将棋」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  2. 2

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  3. 3

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  4. 4

    コロナを克服した世界はいずれ教訓を忘れてしまうのか

    ヒロ

    02月28日 10:57

  5. 5

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  6. 6

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  7. 7

    上野千鶴子「忖度も根回しもしてきた」組織で活躍する女性と孤立する女性の決定的な違い

    PRESIDENT Online

    02月28日 11:31

  8. 8

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  9. 9

    【ご報告】地域政党「あたらしい党」代表と、東京維新の会の副代表を辞任いたします

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 20:52

  10. 10

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。