記事

児童書の1ページに無数のホチキス…静岡市立図書館の貸出本がいたずら被害「こんなことやめて。これでは捨てるしかない」

1/2

図書館の利用マナーが問われている。静岡市立図書館のツイッターは7月31日、大量のホチキスの針が刺さったページの画像と共に、

「(…お願いだ。こんなことをするのはやめてくれ。本がかわいそうだ。これではもう次の人に貸せない、つまり捨てるしかないんだ。新しく買い直すにも出版年が古かったりするともう買えないこともあるんだ。頼んだよ。)」

と、ツイートした。同図書館の担当者によると、この本は「飛ぶ教室」(岩波書店)という児童文学で、被害が発覚したのは7月29日。図書館の利用者が、書架に入っていたこの本を手に取ったことで分かった。

貸し出し記録分からず、弁償を求めることもできない

本はみんなのもの。マナーを守って使いましょう。

本にいたずらされたのがいつの時点か、割り出すのは難しそうだ。仮に借りた人によるものだとしても、貸し出し記録は返却時に消えてしまうため、借りた人の氏名や住所を割り出すことはできない。そのため、弁償を求めることもできないという。

静岡市立図書館のツイッターは7月8日にも

「(…あのね、図書館の本をコーティングしているビニールには防水効果は無いのね。あと、紙芝居や貴重な本を入れて貸出をしている袋も防水効果は無いのね。だから、雨の日に本を持ってくる時は、ちょっとの距離でも濡れないようにしてくれるとうれしいな。よろしくな。)」

と、利用マナーの呼びかけを行っている。これは「雨の日は、水濡れの被害が多くなるため」呼びかけたそうだ。

今回のような、故意と思われる破損や汚損は「すべて把握しきれていない」のが現状だ。「利用者に過失によるとものだと言われてしまえばそれで終わりなので」という事情もある。

静岡市立図書館はこれまで、本が返ってきた時のチェックは、表紙の水濡れ確認などの簡単なものだけで、中身までは見ていなかったという。担当者は

「被害が分かってから日が浅いので、今後の方針は決まっていません。ただ、こうしたことがあったので、中身のチェックもこれからは検討していきたいです」

と話していた。

あわせて読みたい

「マナー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  5. 5

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  6. 6

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  7. 7

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  8. 8

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  9. 9

    巨人上原の遅すぎる引退に違和感

    幻冬舎plus

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。