記事

剛力彩芽騒動、ラジオで『POISON』流した岡村隆史の心境

1/2
言いたいことも言えない?(岡村隆史)

 ネットニュースの存在によって、ラジオの魅力のひとつが損なわれようとしているのかもしれない──。ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作社長と交際している女優の剛力彩芽が7月16日、ロシアW杯の決勝戦を観戦したとインスタグラムで報告。前澤氏も同じ場所で写真を撮っており、2人で現地を訪れていると話題になった。

 これに対し、ネット上では非難の声が上がり、ラジオでは有名人がこの件について言及した。ナインティナインの岡村隆史は19日、『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で「ファンのことを第一に考えた方がいいような気がする」と自分の素直な意見を述べた。剛力のファンを公言していた明石家さんまは21日、『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で「呪いにかかったように浮ついて、本当の愛を見つけられていない」と話した。

 これらの発言が次々とネットニュースになったこともあってか、剛力は22日にインスタグラムの過去も含めて全ての投稿を削除。「厳しいご意見やアドバイスを真摯に受け止め、自分の考えをまとめました」と綴った。

 この一連の騒動を受けて、ネット上ではさんまや岡村の反応を批判する声も多く見受けられるようになった。岡村は7月26日、『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)内でこう嘆いている。

「昔から聞いてるリスナーの人はわかると思うねんけど、結局、俺なんか、ねたみ、ひがみ、そねみの塊やんか。そういうラジオを20何年ずーっとやってきたわけじゃないですか。それが、たかだか3分ぐらいのちょっと話したことで、いろんな人に噛み付かれて。『岡村隆史、苦言』(とネットニュースになる)。苦言かなあと思うて……。24年やってきたラジオの中で一番損したかもしれない。どえらい損してもうた。言いたいことも言われへんねんなって。そういう時代にほんまに突入したんやな。俺の小さいボケとか全部切られて、ただただ『剛力彩芽に苦言』。全部、“苦言”で括られてもうて」

あわせて読みたい

「岡村隆史」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    小池知事が都民ファ切る可能性も

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。