記事

文科省で相次ぎ局長級官僚逮捕

文科省では、私大支援事業を巡る受託収賄で、前科学技術・学術政策局長の佐野太被告(59)が、24日に起訴されたばかりです。昨年には、組織的天下り問題も発覚するなど深刻な不祥事が続き、25日には、課長級や課長補佐級など約40人が、連名で戸谷一夫事務次官などに、早急な改革を訴える申し入れ書を提出していたそうです。

ところが、26日、高額な飲食接待を受けた疑いで、文科省国際統括官(同日付で官房付)が、逮捕されました。文科省の危機感はピークに達していて、中堅・若手官僚は「うちの役所はほとんど崩壊寸前」「もうくじけそうだ」としている、と報じられています。今回逮捕された国際統括官(局長級)の川端和明容疑者(57)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に出向中、元コンサルタント会社役員側に便宜を図った謝礼として約140万円相当の接待を受けたとして、収賄の容疑で逮捕されました。

贈賄の疑いで再逮捕されたのは、佐野被告と同じ人物で、元役員の谷口浩司容疑者(47)です。川端容疑者は、谷口容疑者から頼まれて、東京医科大で2016年11月に開かれた式典への宇宙飛行士古川聡さんの出席に関わったとみられ、東京地検特捜部は、出席に尽力する形で便宜を図った可能性もあるとみています。

川端容疑者は、JAXAの理事だった2015年8月~2017年3月、谷口容疑者が役員だった会社の業務に関して便宜を図った謝礼と知りながら、東京都内の飲食店などで複数回にわたり接待を受けた疑いで逮捕されました。

林文科相は、この逮捕を受けて、「難しい状況だ」と厳しい現状認識を示しました。文科省の局長級10人のうち2人が逮捕されたのですから、崩壊寸前、最悪の状況と、組織改革を求める申入書を提出した呼びかけ人が話しているのは、その通りだと思います。この2人の局長級幹部が関与したとされる事件は、いずれも政官界に人脈を持つコンサルタントが介在していました。

文科省による調査も後手後手に回っていて、事件のさらなる広がりを懸念する声もあがっている、ということです。官僚のあるべき姿が壊れてきているとしか思えませんが、省内の中堅・若手の官僚たちが、組織改革の申し入れをしていることに、望みを持ちたいと思います。徹底的に事件を解明し、再発防止、組織改革に全力をあげてもらいたいものです。

あわせて読みたい

「官僚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  2. 2

    安倍首相の虚偽答弁 新たに判明

    田中龍作

  3. 3

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    生理の妻へ食事配慮 批判の声も

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  6. 6

    朝日が早期退職募集 新聞の明暗

    AbemaTIMES

  7. 7

    韓国社会を映す韓流スターの自殺

    渡邉裕二

  8. 8

    出所したら…新幹線殺傷男に衝撃

    文春オンライン

  9. 9

    桜追及で越年? 野党の戦略に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。