記事

地震時に凶器となるブロック塀 安全性のチェックポイント7

【ブロック塀が倒壊した高槻市立寿栄小学校(写真/時事通信フォト)】

 いつ発生しておかしくない大地震。その時、私たちに襲いかかる凶器となる可能性があるのが、ブロック塀だ。6月18日、最大震度6弱を記録した大阪北部地震で、小学4年生の女児を圧死させたのは、建築基準法に違反していたブロック塀だった。通学途中の痛ましい“事件”。私たちは日々、そうした凶器に囲まれて生活していることを自覚しなければいけない──。

 大阪北部地震(6月18日)の翌日、政府がまず行ったのは全国の小中学校にブロック塀の緊急点検を要請することだった。

「すでに各学校から点検状況の中間報告が届いております。情報の整理がつき次第、公表する予定です」(文部科学省企画部施設企画課・担当者)

 それほどまでに大きな衝撃を与えた女の子のブロック塀による圧死事件。しかし、公共施設よりも圧倒的に多いはずの民家の塀は、調査の対象に含まれていない。ここに問題があると指摘するのは、防災アドバイザーの吉田亮一さんだ。

「建築基準法を満たしていない一般家庭の塀は、全国に無数にありますが、どうして政府はそこに切り込んでいかないのか。チェック機関がないのは問題です」(吉田さん)

 吉田さんは、3年前、大阪北部地震によりブロック塀が倒壊した高槻市の小学校で講演し、ブロック塀の危険性を学校側に伝えていた。

「倒壊したブロック塀は古く、問題があることがひと目でわかりました。通学路も点検しましたが、気になる塀がいくつもありました。あの時、補強していれば今回のことは起きていなかった。しかし、それは高槻市に限ったことではありません」(吉田さん)

◆あなたの家、近隣の家の塀を確認しよう

 それでは、どんな塀が危険なのか。下記のチェックリストで確認していただきたい。

□1 塀の高さは地盤から2.2m以下か
□2 塀の厚さは10cm以上か
□3 控え壁はあるか(塀の高さが1.2m超の場合)
□4 塀が欠けていたり、ひび割れはないか
□5 塀がぐらついていたり、傾いていないか
□6 基礎の根入れの深さは30㎝以上あるか
□7 塀に鉄筋は入っているか

 点検内容を、日本建築防災協会の調査研究部部長・横田康宏さんが解説する。

「建築基準法で定められている内容を、わかりやすくリスト化したものです。高さや控え壁などは、実験をしたうえで決められました」

 1978年の宮城県沖地震では死者28人のうち18人が塀などの下敷きとなり亡くなった。それを機に建築基準法施行令が改正、新しい耐震基準が導入された。

「塀の高さの規定ができたのは1981年です。その頃、危ない塀について補強するなどの動きが、全国的に活発になりました」(横田さん)

 しかし今回の大阪北部地震、2016年の熊本地震でも死傷者を出していることからもわかるように、1981年以降に作られたブロック塀に関しても、チェック項目の「4」や「5」を中心に検査の必要性がある。それは他人だけでなく、自分の身を守ることにもつながる。違法な塀を所有していると、加害者になる可能性があるのだ。

 熊本地震で、コンクリート製ブロック塀(高さ約4m)の下敷きになり、当時29才の男性が死亡した。遺族は慰謝料など約4200万円の損害賠償を求める訴訟を熊本地裁に起こした。

 このケースは法人の敷地内での事故だったが、これが個人宅であってもおかしくない。

 もし自宅の塀に問題があり、改修や撤去をする場合は、助成が受けられる可能性がある。例えば東京・台東区は工事費の2分の1(ただし15万円以内)、墨田区は生垣を新設する場合2万円/m(限度額40万円)が助成される。ぜひ自治体に問い合わせをしてほしい。

※女性セブン2018年8月9日号

あわせて読みたい

「防災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  4. 4

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  8. 8

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  9. 9

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  10. 10

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。