記事

銃で撃たれた感触とは? 九死に一生を得た元刑事の告白

1/2

 警察の内部事情に詳しい人物が関係者の証言から得た、警官の日常や刑事の捜査活動における驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、ある強盗事件の現場で、犯人に拳銃で撃たれた経験を元刑事が語る

 * * *
「撃たれた時の感触は…、そう野球のバットの素振りかな。それがガンとあたったような、そんな感じの衝撃があったね」

 元刑事はゆっくりと右腹をさすりながら、そう語った。

 昔も今も、刑事ドラマや警察ドラマは根強い人気がある。そうしたドラマの展開で犯人との格闘や逮捕など、シーンに緊迫感を持たせ盛り上げるために欠かせないのが銃撃や発砲シーンだ。しかしその一方で、現実のニュースで拳銃に絡んだ事件が報道されることもあるが、一般的な日本人にとっての「拳銃」はあくまでドラマの中のもの、身近なものではない。

 その元刑事が撃たれた事件が起きたのは、彼がまだ交番勤務だった時だ。携帯電話も、街角や店先に防犯カメラもない時代。現場は巨大なターミナル駅にほど近い銀行の支店。寒い冬の日、閉店間際のその支店に、拳銃を持った男が押し入ったのだ。「異常発砲あり」という通報から始まったこの事件は、「警視庁が選んだ重大事件ランキング100位」にも入っている。このランキングは、警視庁が創立140年を記念して、平成26年に行った「みんなで選ぶ警視庁140年の重大事件」のアンケート結果によるものである。

 通報を受けて最初に駆けつけたのは、銀行から最も近い交番に勤務していた巡査だ。そう、話をしてくれた元刑事である。

「通報を聞いた時、交番には二人の警察官がいたんだが、交番を閉鎖できないから、自分が一人臨場してね。現場に近いから走って行ったんだ。現場に着くと、店のシャッターは全部下りていた。でもビルの横にある非常ドアだけ開いてたんだよ」

 銀行は営業時間終了の15時になるとシャッターを閉めるが、店内に残っている客が帰るために通用口を開けている。この時、その通用口がまだ開いていたのだ。

 躊躇なく、そのドアをバッと開ける。目の前にコートを着た男が後ろ向きに突っ立っていた。その先には、手を上げて総立ちになっていた銀行員たちが見えた。銀行員は全員カウンターの中、男はカウンターの外だ。

「ドアの開く音に、やつがこっちを振り向いた。だが次の瞬間、やつはひょいとカウンターを乗り越えんだ。身のこなしが軽い。『逃げられる』そう思った俺はバッと駆けだした。何のためらいもなく銀行の奥へと逃げて行く男を追いかけた」

 警察への通報は異常発砲によるものだ。男が拳銃を持っているとわかっていたはずだが、追いかけた時に拳銃は見えなかったのだろうか?

「見えたけど、まったく怖くない。何も怖くなかったんだよね」

 彼はちょっと首を傾げながら、そう答えてくれた。拳銃に対する怖さはなかったという。

「日本人は刃物には恐怖心があるけど、拳銃にはないね。刃物だったら、近づいてきたら避けようとするけれど、拳銃を怖いとは思わない」

 日本国内の殺傷事件はほとんどが刃物によるものだ。拳銃への現実的な恐怖感は刃物よりも薄い。実際、ある日どこかで拳銃を見せられても、一般人はそれが本物かどうかをまず疑うだろう。

「でも、今は怖いよ。見ただけで怖い」彼は笑いながら首を横に大きく振った。

 カウンターを乗り越え、男を追いかけようと走りだしたその時、男がこっちを振り向いた。その瞬間、「パンパン」という音が響く。そこで初めて「あっ、こいつホントに拳銃を持っていたんだ」と思ったという。男は振り向きざまに、いきなり撃ってきた。反射的に元刑事は逃げたという。

「逃げる時に帽子をさ、咄嗟に後ろにこうしてさ」と、帽子のつばを後に回す仕草をする。

「本能的にジグザグに逃げると、背中でまたパンパンという音が聞こえた」

 男は逃げる彼に向かって撃ってきた。そしてもう一人、通用口から入ってきていた警察官にも向かって撃ったのだ。

 元刑事は外へと逃げた。通用口の前には、警察官が大勢集まってきていた。「拳銃を持っているから入るな!」彼は、入ろうとする警察官たちを必死に制止した。だが、気がつくと自分の腹の前と後ろから血が流れ出ている。

「あっ!と思ったね。それで、腹の前と背中側を対角に手で押さえたんだ。血が出ないように。それでも血は出てくるんだよ」

 彼のその姿に、同僚が撃たれと警察官たちは一気に興奮していく。殺気立ち、それぞれが拳銃の激鉄を起こし始めた。そして、激鉄を起こしたままの拳銃を片手に、「大丈夫か、大丈夫か」と彼に詰め寄ってきたのだという。

 殺気立った警察官が大勢、激鉄を起こした拳銃に指を掛けている…。このままでは、いつ間違いが起きるかわからない。

「とにかくそれを収めてくれ、危ないから」

 現場で一番冷静だったのは彼だ。

 撃たれたというのに、救急車はなかなか来ない。先輩が、「俺が運転する」と言い出し、交通係のマイクロバスで病院へ向かうことになった。すでに靴の中まで血でベトベト。押さえている手を少しでも離したら血がピューッと出てくる。それでもバスまでは自分で歩いた。歩けたのだ。

 警察官たちの興奮は、サイレンを鳴らして走るバスの中でも高まっていった。バスの中に警笛の音がピーピー、ピーピーと響き渡る。バスに同乗していた4~5人の警察官が、持っていた警笛を一斉に吹いて、バスの中から交通整理をしようとしたのだ。周りの車を一刻も早くどかそうと、彼らは警笛を吹いていた。

「笛の音がうるさかった」

 一人冷静だった彼は、「吹くのを止めてくれ」と頼んだという。ずっと意識はしっかりしていたのだ。

あわせて読みたい

「警察」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  5. 5

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  6. 6

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    石破茂氏は自民党に収まりきれぬ

    早川忠孝

  9. 9

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。