記事

訂正:米ツイッター第2四半期はユーザー数100万人減、株価急落


[ニューヨーク 27日 ロイター] - 米ツイッター<TWTR.N>が発表した第2・四半期決算によると、月間アクティブユーザー数(MAU)がアナリスト予想を下回った。不審なアカウントの削除を進めるなか、同社はユーザー数は今後も減少し続ける可能性があるとしており、午前の取引で株価は17%下落している。

第2・四半期は月間アクティブユーザー数が3億3500万人と、前四半期から100万人減少。アナリストは100万人の増加を予想していた。

ツイッターは第3・四半期の減少は500万人程度(mid-single-digit millions)となるとの見方を示しており、これに基づくと同四半期のユーザー数は3億3000万人近辺になる可能性がある。

トムソン・ロイターI/B/E/Sがまとめた第3・四半期の月間アクティブユーザー数のアナリスト予想平均は3億4000万人となっている。

ツイッターは自動化されたアカウントや不審なアカウントなどの削除を進めており、第2・四半期のユーザー数に影響が出たと説明。ユーザー数の増加に向けたプロジェクトよりも、不審なアカウントを削除し、へイトスピーチ(憎悪表現)などを削減するプロジェクトを優先させていることを明らかにした。

ドーシー最高経営責任者(CEO)は声明で、デイリーユーザー数は前年と比べて11%増加したと指摘。ツイッター上の「問題のある行動」への対策をとっていることで、ツイッターはユーザーが毎日利用するサービスになりつつあるとの考えを示した。

ツイッターはデイリーユーザー数は公表していない。

ツイッターは、欧州連合(EU)が5月に一般データ保護規則(GDPR)を導入したこともユーザー数の減少につながったとしている。ただ売上高への影響については言及しなかった。

BTIGのアナリスト、リチャード・グリーンフィールド氏はツイッターの株価急落について「市場は月間アクティブユーザー数の減少に過度に反応している」と指摘。「昨年の第2・四半期にも同様の過度な反応が見られ、買いを入れる格好の機会となった」と述べた。

第2・四半期の売上高は前年同期比24%増の7億1100万ドル。大部分が広告収入だった。トムソン・ロイターがまとめたアナリスト予想平均は6億9600万ドルだった。

ツイッターはサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に関連した広告で売上高が3000万ドル押し上げられたとしている。

利益は1億ドル。税会計関連で4200万ドル押し上げられた。ツイッターは2017年第4・四半期に初めて黒字に転換してからは常に利益を計上しているが、前四半期には売上高の伸びが減速する一方で費用が拡大する恐れがあると警告している。

非GAAP基準の1株利益は0.17ドルと、アナリスト予想と一致した。

通年の設備投資計画は4億5000万─5億ドルになるとし、従来の3億7500万─4億5000万ドルから引き上げた。サービスを支えるコンピューターインフラを拡充するほか、採用拡大を計画しているとしている。

第3・四半期(訂正)の調整後の利払い・税・償却前利益(EBITDA)マージンは33─34%になるとし、マージン悪化を示唆した。

米フェイスブック<FB.O>が25日に発表した第2・四半期決算は月間アクティブユーザー数(MAU)と売上高が予想を下回り、フェイスブックの株価は26日は約19%安で終了している。

*英文の訂正により第15段落の「通年」を「第3・四半期」に訂正し、同段落の「下半期の」を削除します。

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  9. 9

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  10. 10

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。