記事

今や芸能界は「不倫騒動」から結婚ラッシュへ!桐谷と三浦に続くのは!?

桐谷美玲

「ようやく…」というべきか、それとも「やっぱり…」だったのか?

結婚に向けて〝真剣交際中〟だったモデルで女優の桐谷美玲(28)と俳優の三浦翔平(30)が結婚していたことが分かった。双方の所属事務所が文章を通じて発表したが、情報によれば24日の「大安」に婚姻届を提出したと言われる。

三浦翔平

芸能界は結婚ラッシュ

木南晴夏

それにしても、桐谷と三浦の結婚発表のちょっと前には、サッカー選手の柴崎岳選手(26)とタレントの真野恵里奈(27)、さらには俳優の玉木宏(38)と女優でタレントの木南晴夏(きなみ・はるか=32)、映画「舟を編む」などの石井裕也監督(35)と女優の相楽樹(さがら・いつき=23)などが相次いで結婚を明らかにして来ただけに、気の早い芸能スズメの間からは一気に「次は誰か?」なんて、結構報道に沸き上がっている。

武井咲

振り返ってみると昨秋、人気ダンスグループのEXILEのボーカル、TAKAHIRO(32)と女優の武井咲(23)の電撃結婚がキッカケになって、結婚ムードに〝着火〟。以来、俳優の和田正人(38)と女優の吉木りさ(30)、ジャニーズの人気グループ〝V6〟のメンバーで俳優としても活躍中の岡田准一(37)と女優の宮崎あおい(32)。さらに、今年に入ってからは俳優の岡田義徳(40)と女優の田畑智子(37)、やはり〝V6〟のメンバーだった森田剛(39)と女優の宮沢りえ(44)、お笑い〝よゐこ〟の濱口優(46)と元アイドルでタレントの南明菜(29)など続々と〝結婚宣言〟。

山崎夕貴アナ

この他にも、タレントのおばたのお兄さん(30)とフジテレビの山崎夕貴アナ(30)やバナナマンの日村勇紀(45)と元NHKアナの神田愛花(37)までが〝参戦〟してきて、今や芸能界はスポーツ選手から女子アナも巻き込んで、まさに結婚ラッシュの様相となっている。

不倫ブームから結婚ラッシュへ

ちょっと前まで芸能界では〝文春砲〟などもあって、次々に発覚する「不倫」が波紋を巻き起こしていた。ところが、いつの間にか、その「不倫問題」が沈静化して、一気に話題は「結婚ムード」へと転換した感じである。

「やはり、来年の4月で〝平成〟も終わるということで、駆け込み結婚ということも多少あるとは思いますね。とにかく〝平成の夏〟は今年が最後ですから…。それにしても、世間的には晩婚や未婚が増えているんです。そういった中で芸能界が結婚ラッシュというのは、ある意味で不思議な現象ではあります。ですが、逆に、こういった流れは社会にとっては大きな起爆剤になるわけで、新しい生活に向かっていくというムードは自然と世の中の雰囲気もよくしていくし、景気にとってもいいことだと思いますけどね」。

トレンド研究者のは評価する声もあるが、確かに、こういった明るい話題が景気を押し上げる要素になることは間違いない。

だが、女優やタレントを抱えるプロダクションにとっては「おメデタい話」だと笑ってはいられない。特に、今回の場合は桐谷のプロダクションにとっては「勘弁してくれよ」だったはずだ。

出会いは2016年にフジテレビで放送したドラマ「好きな人がいること」での共演だった。昨年の初頭ぐらいから食事などデートを繰り返し交際に発展した。「当初から結婚を前提の交際だったようです」(関係者)というが、三浦側の事務所は「俳優としては、まだ駆け出し。交際は仕方ないが、結婚は時期尚早」と反対したそうだが、どちらかといったら桐谷リードで交際が進んでいったのだろう。

だが、三浦側にとっては「時期尚早」であっても、桐谷側からしたら「ここまで育ててきたのに」と頭を抱えたはずだ。もちろん、桐谷は「結婚後も仕事は続ける」「挙式や披露宴は未定」とはしているもののダメージは大きい。

桐谷の事務所は堀北真希や黒木メイサ、さらには元KARAのメンバーだった知英などが所属しているが「堀北が結婚で芸能界を引退した後、事務所の稼ぎ頭は桐谷でしたからね。できれば結婚は諦めさせたかったと思います。結局、これまでコンスタントにこなしてきたドラマもブッキングが厳しくなり、先々の予定も組みにくくなってくる。現時点では妊娠はしていないようですが、それも今後はわかりませんからね」(事情通)。

現在、火曜日にサブ・キャスターで出演している日本テレビのニュース番組「ZERO」も、この秋の改編で降板が決まった。そういったことから「今後はCMとモデルの仕事に特化していくしかない」と言われている。

宮崎あおい

「実際に、岡田准一と結婚した宮崎あおいですら露出が減少して、ファン離れが加速していると言います。宮崎の場合は、妊娠も明らかになったので仕方ない部分はありますが、桐谷も同じようなコースを辿る可能性は大きい。しかも、桐谷の場合は、ちょっと人気にも翳りが見えてきているので、この結婚によって一気にファン離れが加速するでしょうね」(プロダクション関係者)。

いずれにしても結婚で、おめでたい話に水を差すようであるが、現状は薔薇の道は避けられそうもないといったところかもしれない。

次の結婚は剛力彩芽か石原さとみか

石原さとみ

ところで、ここまで結婚ラッシュが続けは、次は…?となる。

「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥディの前澤友作社長(42)との交際が話題となっている女優の剛力彩芽(25)や、IT企業の「SHOWROOM」の前田裕二社長(31)との沖縄離島リゾート旅行が発覚した女優の石原さとみ(31)の動向も気になるところだが、その一方で女優の綾瀬はるか(33)もターゲットとなっている。

彼女自身「35歳までには…」と公言しているだけに〝電撃〟の可能性は否定できない。というもの、過去にも大沢たかお(50)との熱愛があったし、3年前には松坂桃李(29)との関係も噂になった。「彼女の場合は真面目で、一途なタイプ。しかも結婚願望が強いので、彼女自身の気持ち中でタイミングが合えさえすれば一気にということも…。そういった意味でも彼女からは目が離せないでしょうね」(芸能関係者)。

もっとも、現在は「義母と娘のブルース」(TBS)に出演している他、来年のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」などへの出演があるだけに「結婚はない」という声もあるのだが…。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  8. 8

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  9. 9

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  10. 10

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。