記事

"セックスレス離婚"を綴るブロガーの末路

1/2
SNSで私生活を切り売りするブロガーたち。ライターの宮崎智之氏は彼らへの違和感を新刊『モヤモヤするあの人』(幻冬舎文庫)で考察した。これについてネットニュース編集者の中川淳一郎氏は「『セックスレス離婚』など承認欲求をギラつかせながら私生活を垂れ流すウェブ有名人が増えている。その迷惑を被るのは子どもたちではないか」と指摘する。2人の対談をお届けしよう――。(後編、全2回)

ネットニュース編集者/PRプランナーの中川淳一郎氏(左)とライターの宮崎智之氏(右)

■リア充に発見されてしまった「ライター」という職業

【宮崎】前編では、SNSを見ていて感じるモヤモヤの話題から、インフルエンサー、顔出しして「共感」を拡散する読モライター(読者モデルのようなライター)たちに関する議論へと発展していきました。

中川さんのお話を聞いて思ったのが、SNSの登場によって、ライターという職業が「リア充」たちに発見されたのではないか、ということです。

僕も業界のことをつぶさに知っているわけではないので、正確な史観ではないかもしれませんが、僕が中・高生のころのイメージでは、たとえば青山正明さんであるとか、村崎百郎さんなどといった、ものすごい業を背負ってしまった仄暗いハズれ者たちがライターになっているという印象がありました。

彼らの仕事に対する評価はひとまず置いておくとして、少なくとも世の中に対してうまく折り合いがつけられないようなタイプの人たちが、雑誌などで活躍していたという記憶が残っている。ただ、今はそういうイメージは薄くなっているように感じます。まともな印象の人が増えたといえばそれまでですし、リア充の方たちにライターという職業が発見されたこと自体は、別に悪いことではないと思っていますが……。

【中川】今、ライターをやっているリア充は、昔ならイベント企画会社とかを立ち上げていたようなタイプの人たちですよね。それにしても、宮崎さんが作った言葉である「読モライター」が属する「芸能」のジャンルには、有吉弘行さんやマツコ・デラックスさんなど、Sランクにすごい人たちがいっぱいいるのに、なぜその厳しい世界で戦おうとするのか不思議でなりません。しかも自分より若くて、美人だったりイケメンだったりする読モライターが、後から続々と参入してくるような状況なのに。

■何も持っていないから「自分」のことしか書けない

【中川】こういう対談をすると、「宮崎は若いのに、中川みたいな年寄りに媚びやがって」と批判するヤツが絶対に出てくると思うんですけど、物書きは年を取っても筆力は伸びる可能性があるのだから、ライターを続けたいなら「芸能」路線ではなく「物書き」路線でいくほうが間違いなく堅実なんですよ。

【宮崎】インフルエンサーも読モライターも、ライフステージによってキャラクターを変えていけば、生き残っていけるかもしれません。でも、それってやはり「芸能」の仕事ですよね。たとえばですが、ママ読モライターにキャラ替えしたとしても、ママタレントと競合するわけで、その厳しさは変わらない。自分自身を売り物にするということは、そういうことなんだと思います。

あと、自覚的に自分自身を売っているならいいのですが、自分の専門分野や文化的背景、独特な切り口、または職人としての高度なスキルを持っていないから、結果、コンテンツを発信しようとすると「自分自身」のことを書くしかない、という事態に陥っているライターも散見されます。僕が懸念しているのは、昨今、読モライターのイメージがあまりにも前景化したため、それがライターの職業のすべてだと思い込み、リスクやデメリットを考慮せず、キラキラしたように見える彼らを無自覚に目指してしまう人が増えていく恐れがあるのではないか、ということなんです。

■自分を切り売りする手法の限界

【中川】恋愛系バラエティー「あいのり」(フジテレビ)に出演して注目され、人気ブロガーになった桃が、近ごろ新境地を切り開いています。彼女は最近、セックスレスを理由に離婚したと発表して話題を呼びました。要するに「セックスレス離婚」というポジションを取ったわけです。そして、おそらく次は「離婚した私が、どのように次の相手を見つけるか」ということを商品にしてくるはず。「バツイチ合コンブロガー」みたいな言葉を作って、売り出してくるかもしれない。

【宮崎】ありそうですね。

【中川】そして、仮に再婚がかなったとしたら、今度は「セックスレス離婚から立ち直り、幾多のバツイチ合コンを経て、ついに再婚を勝ち取った私のドキドキ妊活ライフ」みたいな記事を書くのではないかと。桃に限らず、承認欲求をギラつかせながら私生活をあけすけに垂れ流すような、ウェブのちょっとした有名人は数多い。読モライターは、そういう連中を相手にしなければいけない恐ろしさを、もっと自覚したほうがいい。桃なんて、整形願望を明かしたと思えば本当に整形をしてしまう! 「あいのり」時代の思い出に加え、当時の仲間との旅行やら結婚式なども含め、とにかくネタにする。おい、10年前のネタでまだ食うのかよ、スゲーな! と脱帽するほどの“怪物”が相手なんですよ。

ライターの宮崎智之氏

【宮崎】もちろん、物書きとしてのライターも、そういうライフステージによる変化に対応していく必要はあります。それに、トークイベントやマスコミに出て存在感を高めなければ、なかなか本が売れないという現実もある。僕自身もそういう努力をしていますし、お話があれば喜んで出演します。だから、タレント化は表現を仕事にする者ならば、多かれ少なかれ意識しなければいけない。また、これは発信側だけの問題ではなくて、見る側も「他人の人生」を最高の娯楽として享受するようになってきた、という背景があるように思います。SNSが登場してから、よりその流れが加速しているように感じる。

【中川】何だかんだ言って、みんなゴシップネタが大好きなんですよ。政治や経済に関するビッグニュースがあっても、芸能人の不倫が発覚した瞬間に読者がそちらに流れて、思ったほどPVが伸びなかったりしますから。

■インフルエンサーや読モライターは批判に弱い

【宮崎】“プロの物書き”というジャンルに属すライターにも、自分の人生を切り売りする人は昔からいました。でも、それがすべてになってきてしまっている現状にはモヤモヤします。取材力や文章力、構成力を磨けば、たとえタレント性がなくてもライターにはなれるわけで、タレント的な読モライターが、ライターのすべてだと外から思われてしまうのにはとても抵抗がある。このままでは、それこそ就職活動の自己PRネタ集めと一緒で、ライターになるために「極貧で世界一周旅行」みたいな特殊な体験をわざわざ積もうとする人が出てくるかもしれない。もうすでに、出ているのかもしれませんけど。

【中川】紙媒体が主流だった時代は、掲載する枠に物理的な限界があったからこそ、文章のクオリティや長さ、取り扱う内容など、コンテンツに関して厳しく選別されていました。でも、今はネットメディアがあるから、少なくとも文字数についての制限はだいぶ緩くなっている。さらに、ネットメディアに載らなくても、自分でブログを書いたり、SNSを更新したりすることができるようになった。

【宮崎】おっしゃるとおりです。

【中川】加えて、俺が懸念するのは、インフルエンサーや読モライターの人たちは批判に弱いということなんです。本来、物を書いて発表するという行為はしんどいものじゃないですか。考えが違う人たちから批判がくるし、論争に巻き込まれたりもする。でも、インフルエンサーや読モライターは基本的にPR記事を含めた穏やかな文章を書いているので、批判されることが少ないんです。そういうタイプの書き手が、50歳、60歳まで仕事を続けられるかと考えると、難しいと思う。

【宮崎】そういえば、中川さんも一時期、ツイッターで読モライターを名乗っていましたよね。

【中川】そうそう、ネタとしてね。ツイッターのプロフィール欄に「ハイパー読モライターZ' TURBO」と書いていたんですけど、それ以外にも「自称・郷土史研究家」「自称・元課長代理補佐として様々なプロジェクトに携わり、いずれも成功に導く」など10個くらいの肩書きを名乗っていたので、サッカーワールドカップが始まったとき、「ブブゼラ大好き」を入れるために「ハイパー読モライターZ' TURBO」は外してしまいました。プロフィール欄の文字数制限がありますからね。

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  2. 2

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  3. 3

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  4. 4

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    老後2000万円批判は大人の居直り

    AbemaTIMES

  6. 6

    老後2000万円 大本営発表状態に

    大串博志

  7. 7

    宮内庁楽部のNO.2が教え子と不倫

    文春オンライン

  8. 8

    オペレータ職が陥る貧困ループ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    報道のWEB有料購読 浸透せず苦境

    ロイター

  10. 10

    私刑実行する正論オジサンの心理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。