記事

朝ドラ漫画家のモデル・くらもちふさこ氏「私も挫折した」


 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、永野芽郁(18才)演じる主人公・楡野鈴愛が師事する少女漫画家・秋風羽織(豊川悦司・56才)にはモデルがいた。それが、くらもちふさこさんだ。画業45周年を迎えてなお、名作を生み続けているくらもちさんが、ドラマの制作秘話や少女漫画界のリアルについて語った。

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(東京・胸騒ぎ編・第7~14週)に、漫画家・秋風羽織の作品として登場するや、「懐かしい」「この漫画って本当にあるの?」などと、新たなファンを巻き込んで話題になっているのが、漫画家・くらもちふさこさんとその作品だ。一体どういう経緯で、ドラマに登場することになったのだろうか。

「ドラマが始まる2年ほど前に、脚本家の北川悦吏子さん(56才)から直接、“絵を使っていいですか”と、連絡をいただいたんです。その時は、背景の小物として登場する程度かと思い、すぐに快諾したのですが、まさか、ここまで大きく扱ってくださるとは。若い世代のかたにも改めて作品を読んでもらえる機会が増えました」(くらもちさん、「」内以下同)

 ドラマに登場する漫画作品『いつもポケットにショパン』、『東京のカサノバ』、『アンコールが3回』、『A-Girl』、『海の天辺』は、いずれも1980年代の少女漫画を“実際に”牽引した作品ばかり。

 さらに、ドラマ内では、漫画家の生活や仕事風景などもリアルに再現され、これらも、くらもちさんの経験が生かされている。

「私は、ストーリーにはノータッチ。監修したのは、ペンなどの作画道具の使い方や仕事の流れ、原稿料など、漫画の仕事にかかわる部分です。作品やアドバイスさせていただいた内容が、どうストーリーに反映されているかは、ドラマが放映されないとわからない。私は基本的にいち視聴者なんです。あ、ここで出てきたんだ、なんて、毎回ワクワクしながら見ていました」

◆私にも鈴愛と同じスランプがありました

 ドラマでは、漫画の仕事風景がかなりリアルだったというが、秋風羽織先生と鈴愛のような師弟関係も実際にあるのだろうか。例えばドラマでは、鈴愛がスランプに陥って締め切りに間に合わなくなる。それを見越した秋風先生が、代わりの原稿を用意する師弟愛を見せていた。

「アシスタントの作品について、アドバイスをしたり、サポートしてくれる先生もいらっしゃいます」

 くらもちさん自身、『ガラスの仮面』の著者・美内すずえさんのアシスタントとなって2年ほど修業し、プロの現場の厳しさを学んだ。

「今でも、美内先生にお会いするたび、“あの時はすいませんでした”なんて、謝って…。美内先生は笑ってくださるんですけど、自分の未熟さを教えていただきました」

 師弟関係もさることながら、ドラマでの“リアル”は、漫画が描けなくなることだと続ける。

「私にも、鈴愛のような“冬の時代”がありました。あれは、デビューから6年目のこと。最初で最後の“落とす”という経験をしました。あの時の状態は、鈴愛と全く同じ。話が作れなくなり、歩いているようで立ち止まったままという状態。編集長がやってきて、“落としましょう”と、直接言われた時は本当にショックでした。結局、作品は最後まで描き上げたのですが、いまだに読み返せていません。昨年、原画展を開催したのですが、見覚えがないカラー原稿が出てきて…。それがまさに落とした作品。そのくらい、漫画家にとってスランプはつらい経験なんです」

※女性セブン2018年8月9日号

あわせて読みたい

「テレビドラマ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  4. 4

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

  7. 7

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  9. 9

    人を傷つけないROLAND名言に支持

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「書類ない」と開き直る安倍政権

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。