記事

2012年2月7日(火)

 正午から北方領土返還要求全国大会に新党大地の代表として案内があり、出席。当初、国会議員10人以上の政党しか挨拶させないとのことだったが、内閣府の北方対策室、川端達夫総務大臣、石田勝之副大臣、実行委員会に入っている連合の南雲事務局長等の配慮で、10人以下の政党の中から一党代表でということになり、国民新党・新党きずな・たちあがれ日本・新党改革各党の了解も戴き、私が代表として挨拶させて戴く。

 総理大臣は「5月、ロシアでは新政権がスタートし、日露関係は新たな重要性をもつ。これまでの諸合意、法と正義により解決するという基本方針にもとづき、領土問題にしっかりと取り組んで参りたい」という趣旨のご挨拶をされた。

 玄葉外相は「領土問題は日露間の最大の懸案事項であり、私はロシア重視だ」と明快に訴えた。

 総理も外相も心のこもった決意の披瀝であった。私は挨拶の中で「今迄、この大会では総理も外相も挨拶を終えるとすぐ帰って行った。しかし野田首相は最初から最後までおられる。この姿を見る時、日露関係の重要性、更には関係改善強化が伝わってくる。野田首相を支えていこうではないか。玄葉外相も1月28日のラブロフ外相との会談は、日露関係は空白の10年と言われてきたが、それを埋める会談だった。玄葉外相の世論を一つにという話を受けとめるべきだ。一括返還と言う表現はソ連時代、領土問題は存在しないという当時のソ連に対し、日本が使った言葉で自由と民主のロシアになってからは四島の帰属の問題を解決して、平和条約の締結が正しい政府見解である。

 私は四島返還の旗は一度も降ろしたことはない。日本側の主張のみが通る外交はない。特に国家主権にかかわる問題は、両国の最高首脳の決意しかないと考える時、現実的解決を模索し私が第一線に居た時は、島が近づいて来たが、私が外れてから島は遠く離れてしまったのではないか。私がやっていた時と現在を比べれば一目瞭然でないか。私は野田首相を支え協力していく。ここは皆さんもしっかりお支え戴きたい」と、述べる。

 久し振りの大会での挨拶に高揚しながらも政治の現場に立ち会えて、有難い限りであった。野田首相の対ロシア外交に期待してやまない。

 午後から党本部でお客さん、マスコミ対応。21時から22時まで「ニコニコ動画」に生出演予定。新党大地の考えを訴えて参りたい。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    冤罪で21年間を獄中で過ごした青木惠子さん 「娘殺し」の汚名が晴れても国を訴える理由は

    小林ゆうこ

    10月15日 14:36

  3. 3

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  4. 4

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  5. 5

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  6. 6

    モデルナワクチンの若年男性への原則投与中止勧告 日本が有事から平時に移行した証

    中村ゆきつぐ

    10月15日 09:20

  7. 7

    「ほとんどが“◯×△”。あれはどうなんだ」古舘伊知郎氏、自民党総裁選の候補者を招いた報道番組に苦言

    ABEMA TIMES

    10月15日 15:30

  8. 8

    「俳優・香川照之の起用は大正解」朝の情報番組でジャニーズを見たくない人はTBSの新番組がいい

    PRESIDENT Online

    10月15日 12:53

  9. 9

    「キレるおっさん」に自分もなっているのではないかという恐怖

    内藤忍

    10月15日 09:35

  10. 10

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。