記事

「高プロ」成立に電通過労死の遺族が涙「過労死防止と矛盾する」

1/2
働き方改革法成立を伝える新聞各紙。(撮影/編集部)

年収が一定以上の一部専門職を労働時間規制の対象から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」を盛り込んだ働き方改革関連法が、与党などの賛成多数で成立した。政府は「柔軟な働き方が可能になる」と説明する。しかし、高プロは「1日8時間、週40時間」労働を定める労働者保護法制の大原則を根底から揺るがす制度だ。今後、対象職種が次々広がる懸念もぬぐえない。

6月29日午前、国会で参院本会議を傍聴して同法の成立を見届けた高橋幸美さん(55歳)は、無念の涙を流していた。電通社員で過労自殺をした高橋まつりさん(当時24歳)の母だ。この後、記者会見に臨んだ幸美さんは「高プロは過労死防止と矛盾する。絶対に納得できない」と語気を強めた。

ホワイトカラーは労働時間と成果が必ずしも比例せず、生産性の低い社員の残業代を削りたい――。こうした経済界の意向を受け、高プロは制度化された。加藤勝信厚生労働相は「労働時間でなく、成果で評価を受けたい人は多い」と胸を張る。だが、対象者はどれほど残業や休日出勤をしても、「残業代ゼロ」で「働かされ放題」となる可能性は否めない。

あわせて読みたい

「高度プロフェッショナル制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  4. 4

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  5. 5

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  6. 6

    肺炎めぐる煽り報道は自制せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  8. 8

    厚労省の審議官が船内で問題行動

    文春オンライン

  9. 9

    なぜ企業に資金が滞留するのか

    ヒロ

  10. 10

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。