記事

焦点:トランプ氏が批判する「ドル高」、自分でまいた種か


[ニューヨーク 20日 ロイター] - トランプ米大統領はドル高を喜んでいないかもしれないが、最近のドル上昇はある程度自身の政策が引き起こしたという皮肉な面もある。

主要6通貨に対するドル指数は過去3カ月で7%近く上がり、19日には1年ぶりの高値を記録。もっと長い目で見れば、米国が着実に経済成長し、物価が徐々に上向くとともに、失業率が1960年第以来の低水準にある状況を背景に、米連邦準備理事会(FRB)が2015年終盤からずっと利上げを続けていることがドル高につながってきた。

FRBは今年既に2回利上げし、年末までにあと数回利上げする見通しだ。これが依然として金融政策が緩和的な欧州や日本に比べて、投資家にとって米国の魅力を高めている可能性がある。

こうした中でトランプ氏は歴代大統領が守ってきた通貨政策に直接言及しないという慣例を破り、公然とドル高批判を展開。19日にCNBCテレビで、さらに20日にはツイッターでドル高が米国の輸出に打撃を与えかねないと懸念を表明した。

<減税と輸入関税が影響>

しかし投資家やトレーダーは、トランプ政権が大規模減税を打ち出し、中国や欧州、メキシコ、カナダなどに輸入関税を適用したことがドル高の一因になったとみている。

FRBは6月の消費者物価指数(CPI)前年比上昇率が2.9%に上振れたことを受けて短期金利を引き上げようとしているが、長期金利は拡大する財政赤字をファイナンスするために今後上昇し、それがドル高基調を維持するだろう。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツのストラテジスト、カール・シャモッタ氏は「金融政策を引き締め的、財政を緩和的に運営することでトランプ氏はドルの上昇にほぼ最適な環境を整えた。この環境が米国に資金を引き寄せ、米経済の資本吸収力を高めてドルを押し上げる」と指摘した。

TDセキュリティーズのシニアFXストラテジスト、メイズン・イッサ氏は「FRBは経済に投入された要素に反応している。つまり財政刺激策の拡大は成長加速を示唆するはずで、それは物価をさらに押し上げ、労働需給を一層引き締めるかもしれない。だから物価上昇率を抑えるために利上げする必要が出てくる」と説明する。

ウェドブッシュ・セキュリティーズのシニア・バイスプレジデント、スティーブン・マソッカ氏は「流れを変えるにはFRBが利上げ路線を撤回するか、欧州と日本で金融引き締めが始まるしかない。ただしいずれの事態も起こるとは予想されない」と話した。

米国と多くの主要貿易相手の間で貿易摩擦が激化していることが、ドル高/新興国通貨安が進むとの投資家の見方を強めている、との声も聞かれる。関係各国の企業が輸入関税引き上げによる原材料高などで国際競争力低下に見舞われ、結果として新興国のコモディティーに対する需要が減少するとみられるからだ。

トランプ氏は20日のCNBCテレビのインタビューで、中国から米国に輸入される全製品5000億ドル相当に関税を適用する用意があると述べており、貿易摩擦はもっとエスカレートする恐れがある。

アナリストによると、トランプ氏の発言がドル相場に及ぼす持続的な影響は限られる見通し。イッサ氏は「短期的な変動しか見込まれない」と述べた。

それでもトランプ氏が繰り返しドル高を批判すれば、効果が幾分長続きしてもおかしくない。スコシア・キャピタルのチーフFXストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「より頻繁な発言になるようなら、恐らくドルへの重圧は相当大きくなる」と警戒する。

トランプ氏のドル高批判は、欧州連合(EU)と中国が為替操作をしていると自身が主張しているという意味でも、皮肉な印象はぬぐえない。

シャモッタ氏は「自分のことを棚に上げて他人をやり玉に挙げている」とあきれ返った。

(Saqib Iqbal Ahmed、James Thorne記者)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  5. 5

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  6. 6

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  10. 10

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。