記事

7/21,21日のマスコミ世論調査結果

7/21,22日に実施されたマスコミ各社の数字を見ると、安倍内閣支持率/しない率は(以下、順番同じ/カッコ内は前回)、フジ・産経が42.1%(44.6%)/47.3%(45.6%)。

読売・日テレが45%(45%)/45%(44%)。日経が45%(52%)/47%(42%)。共同通信が43.4%(44.9%)/41.8%(43.2%)。

各社共に支持率が同じか下がり、しない率は共同を除き上がっています。

政党支持率はフジ・産経が自民党が37.3%(39.7%)、立憲民主党11.7%(12.8%)、国民民主党0.8%(0.8%)、公明党2.7%(3.3%)、共産党4.2%(4.0%)、維新の会2.5%(2.6%)、社民党0.4%(0.8%)。

読売・日テレが自民党41%(38%)、立民8%(6%)、国民民主党0%(1%)、公明党3%(3%)、共産党3%(3%)、維新の会1%(0%)、社民党1%(0%)。日経が自民党38%(44%)、立民12%(9%)、国民民主党1%(0%)、公明党3%(4%)、共産党4%(4%)、維新の会2%(1%9、社民党1%(1%)*ただし日経のここでの数字は支持+好意なので必ずしも前回と単純に比較できない。

共同は自民党41.6%(38.8%)、立民14.4%(12.2%9、国民民主党0.9%(1.7%9、公明党2.9%(3.7%)、共産党3.0%(2.5%)、維新の会2.1%(2.3%)、社民党0.5%(0.3%)。

まあ国会終盤で働き改革、マスコミがいうところのカジノ法案(IR法案を統合型リゾート整備推進法案とかではなくちゃんと日本語でもっとわかりやすく説明、略した名前:例えば【総合国民リゾート法案】とかにすべきと個人的には思う)、参院改革6増)等ありますが、それらの中で私は参院の6増が、少なくとも選挙区は最高裁の違憲を正すためという大義名分があるものの比例の増加はなかなか説得力がない、自民党のごり押しととられていることも今回の調査結果に表れているようにも見えます。

公明党の提案した付帯決議の議席増加分は他の歳費の削減でトータルで経費を増やさないということはあまりPRされていないのも問題ですね。何も議員の給与をを減らすことだけが身を切る改革ではなく、経費の増加をさせない覚悟というのも大事な報道材料だと思います。

あわせて読みたい

「世論調査」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  3. 3

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    嫌韓と日韓関係を混同する新聞社

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  8. 8

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    東電旧経営陣への無罪判決に不満

    川田龍平

  10. 10

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。