記事

正規雇用比率が上がっていることに気が付いていますか。

2/2

次に女性の正規雇用比率を見ると(図表4)、25〜34歳の年齢層までは正規比率が高いが、35〜44歳の層ではガタンと低下する。女性の労働参加率は近年日本でもかなり上昇し、いわゆるM字型の解消(台形型化)が進んできたが、それでも30歳代の出産・子育て期間に職を離れる女性はかなりの数いる。そして子育てがひと段落すると、職に復帰するが、その場合はパートなど非正規雇用での復帰となる場合が多い。

さらに2009年以降の雇用の増加の内訳を示した図表5を見て頂きたい。2018年1Qまでに434万人の雇用が増えているが、そのほとんどが65歳未満の女性と65歳以上の高齢者である。

以上の結果、男女合計の正規雇用比率の推移を見ると、30歳台前半までの年齢層では顕著に正規雇用比率が上がっているが、それ以上の年齢層になると出産・育児がひと段落して労働市場にもどる女性の非正規雇用の増加と65歳以上の非正規雇用の増加が加わるので、男女合計の非正規比率は若い層に比べて相対的に上がり難い結果になるのだと分かる。

まあ、女性も出産・子育て期に休職はしても退職せずにキャリアを続けられるような制度、環境整備が望ましいと思うし、また政策的にもその方向に進んでいると思う。

最後に、非正規雇用に占めるいわゆる不本意不正規労働者(できれば正規雇用になりたいがなれない労働者)の数は、2017年対象の厚生労働省調査によると273万人で非正規雇用全体の14.3%、雇用者数全体に占める比率では5.0%である。

この比率をどの程度高いと思うか、思わないかは人それぞれだろうが、この不本意不正規比率も低下してきていることを以下の厚生労働省の調査は示している。 不本意非正規雇用者数/非正規雇用者数=14.3% 2017年(前年比1.3%減少)

https://www.mhlw.go.jp/content/000179034.pdf

***

http://masaharu-takenaka.jp/index.html  ホームページ
https://www.facebook.com/masaharu.takenaka?ref=tn_tnmn  facebook
https://www.youtube.com/channel/UCsPXwhPxyDX0d0FChMTdW5Q ダイビング動画

***

図表1

図表2

図表3

図表4

図表5

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  3. 3

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  4. 4

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  5. 5

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

  6. 6

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  9. 9

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  10. 10

    HUAWEI排除 米が韓国に再三要請

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。