記事

今週のG3テクニカルと水準チェック

為替千里眼、明けの東京株は+97円と日経平均での9,000円台回復に向けた期待感が先行したような展開となりましたが、為替相場の反応はイマイチで、週初特有の調整的なフローが支配的な展開となっております。少々更新が遅くなってしまったので、水準的に若干変化が生じてしまったところではありますが、まずは今週のG3テクニカルということで主要通貨のチャートのアップとさせて頂きましたので、取り敢えずそちらからチェックして頂ければ幸いです。欧州タイム以降はややドル買いに傾斜しており、ドル円こそ然程水準は変えておりませんがユーロドルは1.31割れ、ケーブルやオージーも下げ幅を拡大、ダウ先は現状-40ドル付近での推移となっていることから、やはり今週の政策会合での利下げや緩和拡大観測を背景に、一旦ポジションを閉じる動きが強まりそうな雰囲気です。

USDJPY 4hour
リンク先を見る

昨日はデイリーベースでのチャートをアップしましたが、こちらは4hです。モメンタムのトレンドは上向きですが、やはりトレンドからは大きく乖離しておりますので、ある程度の調整リスクは引続き継続かと思われ、このまま77円を突破するような展開にはなりにくいかと思われます。ただし、調整といっても76円Midを割り込んでしまうと少々押し目意欲も後退するところではありますので、結局のところ76円Mid~77円前後のラリーとなるのではないかと思われます。

EURUSD 4hour
リンク先を見る

ちょっと後出し的な感じになってしまいましたが、モメンタムは綺麗な下向き、下落チャネルも形成されていることから、1.30Midまでの下落は想定の範疇ではありました。1.30Midを下抜けてしまいますと、1.29Midの下限付近まで下値視野が広がることとなりますが、今週はECB理事会も控えていることなので、積極的な動意に見舞われるかどうかは少々懐疑的、ギリシャPSIの合意期待もありますので、1.30割れには至らないかもしれません。

GBPUSD Daily
リンク先を見る

こちらは、ケーブルのデイリーです。鍵は雲上限サポート1.57Midとなりそうで、遅行スパンは陽転していることから基本スタンスは押し目狙いということになりますが、1.57割れに至ると逆に雲下限1.55Midくらいまでは下値が拡大してしまいますので、しっかりと1.57割れのストップは念頭に置いておいたほうが良さそうです。今週は量的緩和の拡大観測が先行しておりますので、やはり下値リスクはそれなりに燻っていると思われます。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  2. 2

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  3. 3

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  4. 4

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  5. 5

    トランプ氏、独自SNS立ち上げへ IT大手に対抗

    ロイター

    10月21日 17:00

  6. 6

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  7. 7

    岸田が落胆「自民党調査」が示した「マイナス50議席」危機

    新潮社フォーサイト

    10月21日 10:56

  8. 8

    各論だらけの選挙公約 コロナを政争の具にするな - 樫山幸夫(元産經新聞論説委員長)

    WEDGE Infinity

    10月21日 12:52

  9. 9

    米Facebook、社名変更か “仮想現実”『メタバース』構築へ

    ABEMA TIMES

    10月21日 15:12

  10. 10

    京都大学、Pythonの基本を解説した無料の教科書が「素晴らしすぎる」と好評

    Ledge.ai

    10月21日 14:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。