記事

サラリーマンが起業すると最終的にどうなるのか?

1/2

いわゆる「働き方改革」によって、会社で仕事をするいわゆるサラリーマンが減って、自分で仕事をする起業家が増えると予想します。

ただし起業家といっても、孫正義さんのような会社を成長させ、株式上場し、世界展開によって世界を変えるといった大きな野望を持つ訳ではありません。自分の好きなことを好きな人たちとやって自由な時間を手に入れたいといった動機の起業です。

私も遅まきながら48歳で起業し7年目に入りますが、後者の起業パターンです。試行錯誤の結果、会社員時代とはまったく異なる生活パターンと経済的余裕を手に入れることができ、更に自分のやりたいことだけをやれるようにしたいと、次の展開を日々楽しく考えています。

起業して人生を変えるには、いくつかステップを踏んで事業を軌道に乗せることが必要になります。

まず、最初に起業する段階で重要なことは、とにかく売り上げを立てることです。会社の存在価値は利益だと思っていますが、最初から利益のある仕事だけ選べる立場にある人は少ないと思います。とにかく、取引してもらって、自分の存在をアピールする。そのためには何でも良いから仕事を取ってくることです。

だから、起業家としてまず必要になるのは、営業力ということになります。営業のスタイルは様々ですが、とにかく売上を作れないことには、会社は始まらないということです。

この売上を立てるのが第一ステージとすれば、利益にこだわるようになるのが第二ステージといえます。売上がある程度上がってくれば、評判を聞きつけ色々な仕事の依頼が舞い込むようになります。ここで、勇気をもって「断る力」を持つことが会社を次の段階に飛躍させることになるのです。

今までの人間関係も大切にしなければなりませんが、しがらみだけで仕事を続けていてもお互いにメリットが無いのも事実です。仕事を本業に関係するコアなものに絞り込み、時間やコストがかかる割に収益に結びつかないものは「選択と集中」で削っていく。それによって無駄な仕事をしなくなり、会社が筋肉質になっていきます。

そして第三ステージは、時間にこだわることです。時給で考えて、割に合わない仕事は削っていく。これによって労働時間を短縮していくことができます。究極は労働時間ゼロで収益が勝手に入ってくるビジネス(あるいは投資)です。

この段階になると、自分が稼ぐ起業家としての側面だけではなく、第二ステージの利益で得られた資金を活用して、「お金に稼いでもらう」仕組みも合わせて構築することもできます。

あわせて読みたい

「起業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。