記事

注意力と読解力について

先日、twitterでこんなことを書いてみました。


「明るくアットホームな会社」と自称する勤務先のブラック会社率の高さは異常。
http://twitpic.com/8fd8df



嘘というのは、予測の範囲内だと、騙されやすいんですよね。
この広告画像のように、「早朝から深夜まで、時には翌朝まで様々な業務が体験できる」とか、本当に書いちゃうバカな会社はあるかも?とか思っちゃうわけです。

でも、ちゃんと見ると、電話番号の桁数とか、会社名がおかしいとか、そもそも「社蓄スタッフ」なんていって、募集しないよ、、、とか、真実としては許容できない部分が見つかるわけです。
なので、嘘なんだなぁ、、とかわかるんですが、twitterの反応を見てると、本当だと思ってる人が結構多いんですよね。

んで、だまされた人も、上記のように気づきのポイントを指摘すれば、嘘であることをすぐに納得できるんですよね。
ただ、そういう情報はちゃんと目は通しているわけです。
嘘であるヒントは見てるんですけど、注意を向けてないので、真実に気づかなかったりするわけです。



んで、次にこんなことをtwitterで書いてみました。



超同意。サービスの実現速度が重要で、コードの見た目は後でいい。>コードがどれくらいきれいかを気にする人は出来の悪いプログラマー http://wired.jp/2012/02/03/interview-ginzamarkets/



引用部分を抜いて、おいらの意見は、「超同意。サービスの実現速度が重要で、コードの見た目は後でいい。」
たった、31文字です。
さっきの↑の広告画像の場合は、レイアウトとか文字数とか、多くの情報があるので、必要な文に気づかない場合もあると思うのですが、今回はたった31文字なんですが、文章を理解出来てない人が結構いるんですよね。

ポイントは、「コードの見た目は後でいい。」の部分で、おいらは、コードの見た目はいつまでも汚いままでいいとは言ってなくて、直す必要があれば、後から直せばいいと書いてるわけです。

ところが、「コードが汚いと保守性が悪いので反対」とか感想を書く人が思いのほか多いんですよね。
コードが汚いと別の人がプログラムを読みづらいので、修正するのに時間がかかるってことですね。


たった31文字しかないにも関わらず、文意が読めない人がいるわけです。
800文字で誤読するならわかるんですが、31文字で誤読するのであれば、もっと短い文章じゃないと伝わらないってことなんですかね?

「保守性が云々」と言ってる人は、仕事でプログラミングに従事してる可能性があると思うのですが、職業人で職業に関わる文章ですら、こういう状態だとすると、注意を向けてないときの物事の理解のレベルはだいぶ下がるということな気がするのです。
さすがに短い文章ですら理解できなかったら仕事にならないので、本当は理解する能力はあると思うのですよ。

別においらのtwitterの発言なんて趣味の時間でどうでもいいと思って見てたとは思うのですが、どうでもいいと思ってみてる雑誌とかテレビとか、情報源からも間違った理解をしまくってるってことなんですかね。。。

ただ、本業に関わることですら、きちんとした判断が出来ないとすると、本業ではない物事についての間違い方の比率はもっと上がるわけで、ネット上の言説で論点がずれてる比率というのは、今後も悪化していくんだろうなぁ、、とか思って見たりします。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。