記事

英アストンマーティン、空飛ぶスポーツカーの構想公開


[ファンボロー(英国) 18日 ロイター] - 英高級車メーカーのアストンマーティンがファンボロー国際航空ショーで、3人乗り「空飛ぶ自動車」のコンセプトカーを公開した。垂直離発着ができ、時速322キロメートルで飛行可能。将来的に移動手段へ革命をもたらすと期待されている。

「ボランテ・ビジョン・コンセプト」と名付けられたこの自動車は、同社と英クランフィールド大学、航空・防衛大手ロールスロイスが共同で開発中。人工知能(AI)による自動運転機能も搭載されている。

アストンマーティンのサイモン・スプロール副社長は、ロイターに対し「英中部バーミンガムの中心部からロンドン中心部まで約30分で行ける」と豪語。「空飛ぶウーバーや、アストンマーティンに乗れるようになるだろう」と話した。

一方で「空飛ぶスポーツカーだから高級車であり、価格はそれ相応に高くなる。7桁(100万ポンド、約1億4600万円)は下らないだろう」との見方を示した。

航空業界やハイテク業界では、空飛ぶタクシーを現実のものにすべく研究開発が続けられている。この中には欧州航空機大手エアバス、米配車サービスのウーバーが含まれているほか、スタートアップ企業としては米グーグルの共同創始者ラリー・ペイジ氏が支援するキティ・ホークも取り組んでいる。

アストンマーティンは映画「007」シリーズで主役ジェームズ・ボンドが愛用する自動車のメーカーとして有名。ボンドもこのクルマを気に入るかもしれない。

あわせて読みたい

「自動車業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  9. 9

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。