記事

FRB議長、米通商政策巡り慎重な発言 影響への懸念にじむ


[ワシントン 18日 ロイター] - パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は18日、下院金融サービス委員会での証言で、貿易政策はFRBの責務の範囲外とした上で、最終的には良い結果をもたらすかもしれないと述べるなど、トランプ政権に配慮した慎重な姿勢を示した。

だが、2日間の議会証言で議長は、FRBが表向き以上に貿易摩擦について懸念している可能性も示唆した。

議長は関税について、世界的な引き下げこそがトランプ政権の最終的な目標と考えられるとした上で、当面支障が生じても「状況改善に向け短期的に多少のツケを払う価値はあるかもしれない」と述べた。

企業側からは貿易摩擦を巡る不透明感やリスクにより、支出や投資計画をすでに変更しているとの声が聞かれると指摘。「貿易摩擦問題の煽りを受けている個別企業は本当に数多く存在する。20兆ドルもの経済規模で問題の表面化に時間がかかることから、そうした企業の総数は把握していないものの、この問題を懸念する企業の話は数多く耳に入る」とした。

FRBは6月に利上げを決定し、当局者は年内あと2回の利上げを予想した。パウエル議長は今週の議会証言でこれに矛盾する発言はしておらず、米経済は今後数年間、成長継続が見込まれるとの見方を示した。

しかし、議員から繰り返し質問を受けると、貿易を巡る対立が世界的な関税引き上げや賃金低下、投資減少、生産性低下、スタグフレーションにつながる「理論的な」リスクに言及した。

「保護主義によりさまざまなモノやサービスへの関税が長期間引き上げられ、結果として保護主義が一段と台頭すれば、われわれの経済には良くない」と指摘。「政府の政策を批判するわけではないが、貿易が開かれている国々では生産性や所得が高まることは紛れもない事実だ」と語った。

「米国は貿易戦争のさなかにいるか、いないか」という下院議員の質問に対して議長は、「私の言うべきことではない」と答えた。

コーナーストーン・マクロのアナリスト、ロベルト・ペルリ氏は「米政権が保護主義政策を続ければ、FRBは見通しへのリスクが拡大したとみて、利上げをためらう理由が増える」と指摘。米政権が関税を拡大すれば、市場が想定している9月の利上げは「容易な決定ではなくなる」可能性があると述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  4. 4

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  5. 5

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  6. 6

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  7. 7

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  8. 8

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  9. 9

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  10. 10

    「ベーシックインカム導入でも生活保護は残すべき」注目の経済学者が語る理由

    Ledge.ai

    08月03日 15:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。