記事

「日本人」イメージは戦後の一時期の“工場モデル”が作った

【ライフネット生命の創業者・出口治明氏】

 スティーブ・ジョブズ(アップル創業者)の人物伝を読まなくても、日本にだってまるで今のシリコンバレーの起業家のような、規格外の人間がゴロゴロいた。そう思って起業家たちの生き方から学べることを『戦前のお金持ち』(小学館新書)という本にまとめたライフネット生命の創業者・出口治明氏が、歴史学者の奈良岡聰智・京都大学大学院教授を相手に、日本人のイメージや本質について考えた。

出口:「相場の神様」と呼ばれた山崎種二は、米相場で大儲けするんですが、「国民が食べるものを買い占めるのはけしからん」と言って、必ず“売り”から入るんです。でも、売りから入っても買いから入っても、国民が食べるお米を元手に“切った張った”をやっているのには変わりはない。つまり屁理屈ですよね(笑い)。ただし、屁理屈であっても、自らのディシプリン、原理原則をちゃんと持っていることが大事で、逆に言えば、そういう原理原則がなければ成功しないという気がするんです。

奈良岡:現代には、ともするとお金を稼ぐためには何でもしてもいい、稼いだお金は何に使ってもいいという、なりふり構わずな風潮があると思うんですが、そうではないお金との付き合い方がかつてはあったということですね。

出口:昔の日本はよかったと言いたいわけではないんです。ただ、僕らが“これが日本人だ”と思い込んでいるイメージは、製造業の工場モデルが社会を引っ張った戦後一時期の日本人を勝手に日本人の本質だと思ってるだけじゃないかと。ほんの100年ぐらい戻っただけでもずいぶん違う風景が見えてくると思うのです。

奈良岡:そうした工場モデルの限界が来て、国家やお金、仕事や人間関係の枠組みが再び流動的になる中、100年前の日本人の生き方に学ぶべきものがあるということですよね。

出口:その通りです。それと、成功した実業家は皆、かわいいところがあるんです。“真珠王”御木本幸吉(ミキモト創業者)は90歳を超えながら戦後、進駐軍に対して得意の足芸を披露して歓心を買うんです。もちろんそれは計算ずくですが、それにしても愛嬌があってかわいい。やはり財を成す人は、いくつになってもかわいげや愛嬌があるものなんだと思います。これも見習うべきではないでしょうか。

●でぐち・はるあき/1948年生まれ。ライフネット生命創業者。立命館アジア太平洋大学学長。近著に『戦前の大金持ち』など。

●ならおか・そうち/1975年生まれ。京都大学大学院法学研究科教授。『対華二十一ヵ条要求とは何だったのか』でサントリー学芸賞受賞。

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

あわせて読みたい

「日本人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  6. 6

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  10. 10

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。