記事

2019年卒の半数「6月中に就活終了」 10人に1人はオンライン面接を経験「リラックスできる」「空気感が伝わらない」と賛否両論

マイナビは7月13日、「2019年卒マイナビ学生就職モニター調査 6月の活動状況」の結果を発表した。調査は今年6月下旬にインターネットで実施し、2019年3月卒業予定の大学4年生、大学院2年生2114人から回答を得た。

面接経験者のうち、「WEB面接を受けたことがある」人は11.5%。10人に1人がWEB面接を経験していることになる。オンライン上での面接が徐々に拡大していることが明らかになった。

地方と関東では就活費用に8万円の開き 交通費などの負担重く

キャリコネニュース

WEB面接を受けた感想を聞くと、

「交通費がかからない」(理系男子)
「自宅だとリラックスできる」(文系女子)
「自分の顔も確認できるので笑顔が出せた」(理系女子)

と肯定的な意見があった一方で、

「言いたいことが伝わっているかわかりにくい」(理系女子)
「空気感が伝わらない」(理系男子)
「インターネットの状況に左右されることがある」(理系男子)

といった否定的な意見も寄せられた。

3月から6月までの就職活動の費用の累計額は、前年同月を5126円上回る、平均106647円だった。地域別に見ると、関東が7万628円で最も安く、東海・関西地方はそれぞれ11万3030円、10万7927円だった。これら以外の地域は15万2465円。大都市圏と比べ、交通費や宿泊費などの出費がかさむためか、高額になった。

就職活動にかかるお金は、「アルバイト代・給料」(40.2%)や「保護者から就活で使うためにもらったお金」(19.1%)で賄っている人が多い。

6月中に最終面接を受けた学生は45.5%で、「入社予定先を決めて就職活動を終了した」学生が、前月比26.4ポイント増の45.4%。就活生の約半数が6月中に就職活動を終えていることが明らかになった。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  3. 3

    10連休混雑は? 渋滞予報士ズバリ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    池袋暴走 高齢者に甘い日本社会

    猪野 亨

  5. 5

    カレー事件 死刑囚長男の違和感

    篠田博之

  6. 6

    セブン騒動でコンビニ崩壊危機も

    大関暁夫

  7. 7

    田原総一朗氏「元号必要なのか」

    田原総一朗

  8. 8

    党首が無職 パワーワードな政党

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    堺市長辞任 追及せぬ議会の事情

    橋下徹

  10. 10

    富士通45歳リストラは少子化招く

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。