記事

南キャンしずちゃん「ボクシング引退前は必ず銭湯で男扱い」

 南海キャンディーズのしずちゃんが、7月6日放送の『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に出演した。

 番組でしずちゃんは、ボクシングについて「約3年前に引退したんですけど、やってたときは強くなることしか考えてなかった。髪の毛もスポーツ刈りとかにしてて、私服がジャージだった」と振り返る。

「臭いバッグを背負っていつも歩いていた」しずちゃん。練習後には必ず銭湯に立ち寄るのが日課だったが、大柄な彼女ならではの問題があったという。

「100%で男の人に間違えられる。キャップかぶって、ジャージで臭いし。女風呂に入るときにいつも『キャー!』っておばちゃんに言われる。それが嫌だったので、女風呂の暖簾をくぐると同時に右乳を出しながら(入っていた)」

 4月20日放送の『A-studio』(TBS系)でも、現役時代のエピソードを披露している。

「オリンピック選考が近づくにつれてプレッシャーでおかしくなっていた。自分の実力はそこまでないのに、マスコミの方がたくさん集まって来て。シャドーから全部カメラで追っかけられていると、しんどくなった」

 軽量前は全部グラム単位で食べ物を選んでいたというしずちゃん。相方の山里亮太は「食レポ行ったときも食べなかった。街の人が『しずちゃん、これ食べて』って(言うと)、『減量中』と断っていた。商店街の人も『あんた何しに来たんだよ』って変な空気になっちゃった」と証言する。

 さらに「劇場にアザを作ってきたこともあったもんね? (目の周りが)真っ青になってて一生懸命メイクで隠してた」と振り返っていた。

『怪傑えみちゃんねる』では「いま思えば、すごいことしてたんだなと思う」と話していたしずちゃん。芸人とボクサーの両立は苦労の連続だったようだ。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。