記事

米帰還兵たちがプロレスを通してPTSDと向き合う理由

| リングに立つエディ・スコット(Photo by Rolling Stone) |

リングの上でPTSD(心的外傷後ストレス障害)と向き合い、同じ苦しみを抱える観客を励ますイラク戦争帰還兵の物語。

テキサス州、ミネラル・ウェルズの中心部、アメリカン・レジオン・ホール内のリングに立つのは1人のイラク帰還兵である。名前はエディ・ウィターン、元米国陸軍所属で柔術の達人。しかしそれはあくまで一面に過ぎないのだ。ここに立っている男は「エディ・スコット」で、怒れる、戦争の権化たるキャラを担った34歳のプロレスラーだ。

現実の彼は経験豊かで、軍役も積み重ねた武道家だ。しかしリングでのその役割はあくまで観衆をいきり立たせることだ。アクリルのそのフェイスペイントはピンク、ブラック、ホワイトで、ピエロのようなこのレスラー「エディ・スコット」は道化どころか、とんでもない毒舌を吐く。そして、このおどけた扮装が現実の彼の身を守っている。

「この会場に俺の帰還兵仲間はいるのかな」とエディは観衆に向かって問いかける。1人また1人と、誇りを隠さず、賞賛を受ける心持で立ち上がり始める。そんな帰還兵たちを指さして、エディはこう挑発するのだ。「おいおい、クウェート絡みの湾岸戦争の『砂漠の嵐作戦』野郎は立つんじゃないよ」といきなり真っ向から全否定するのだ。「あんたらの4泊のキャンプは物の数に入れるわけには行かないさ。あんたらの戦争経験ぜんぶ合わせても俺たちの白兵戦の合計時間にも足りやしない」。観客はあっけにとられ、一気に彼への敵意で満ちてくる。「ベトナム帰りはいるかい? はいはい、座った座った。お前らは途中で投げ出したんだから」

悪意、殺意にも近いブーイングの嵐が起きる。

プロレス界において、エディの仕事ぶりは完璧だ。彼は悪役、ヒールを演じているのだ。観衆は彼を憎み、それこそが彼の望むところだ。しかし試合が終わってから、駐車場のあたりで彼の本当の務めが始まる。そこでエディは自分同様の辛酸をなめている帰還兵たちと長時間、しばしば厳しい語りあいを行うのだ。まずエディは自分も同じ帰還兵であることを明かし、同じ帰還兵たちとこうしてここで語り合うためにこそ、あえてリングでは挑発をしていたのだと説明する。彼は帰還兵たちと語り合いたい。どんな境遇か確かめあいたい。各々の身の上を語り合いたいのだ。

「どんなものであってもとにかく観衆からどうやってリアクションを引き出すのかが問題だ」と34歳のエディはローリングストーンに語ってくれた。「とにかく誰かの心を動かすんだ。そうしてこそ初めて本当のことについて必要なことを話せるんだよ」

そして語りあいはいつも戦争の話になる。そこで見てしまったこと。やっとの思いでの帰還したこと。完全に変わってしまった世界と自分。エディは帰還兵たちが各々どうしのいでいるのかをしっかり聞く。彼自身も自分について語り続けてきた。酒。怒り。うつ状態。自殺未遂。言葉にできないほどの代償だ。みんな必死に帰還してきたのに、今ここで別の戦いに生き残っていかねばならないのだ。

エディは2011年の帰還後、プロレス活動にある安らぎを見出した。彼はハードなトレーニングを通じて吐き出すべきものを吐き出し、他の選手たちとのきちんとした試合活動で自分の調子を整えることができた。またそこでこそ、彼は共に「ヴァルハラ・クラブ」を構成する他の2人、ジャン・オーストロムとジョン・ブレイザーとも出会うことができたのだ。この「ヴァルハラ・クラブ」はテキサスを拠点とする帰還兵団体で、セラピーとして身体活動を用いて、PTSDに苦しむ帰還兵たちに働きかけ、語りかけている。彼らは帰還兵たちのネガティブなエネルギーを何とか少しでも――プロレスであれ、瞑想でも絵画でもランニングでも――まともな方向に向ける道を、助ける道を模索しているのだ。

「何をするにせよ、何らかのけ口が必要だ」と30歳になるブレイザーはローリングストーンに語ってくれた。ブレイザーは”Mr.Stud(驚異の鋲男)tacular”・ブライジン・スコットなる、リングの中でやっと自信と正気を取り戻すというキャラを担っている。自分を保つための”鋲”とはもちろんギミックだが、一面でブレイザーの背後にある、かつての自分の姿でもある。かつては花火など気にも留めなかった男。ドアに背など向けることなどなかった男。携帯メールの着信バイブ音になど怯えもしなかった男。そう、かつては。「僕は他の誰かになりきらないと周りから逃げ出してしまいそうになるんだ」と彼は言う。「演じることで楽になるよ」

ブライジン・スコット(Photo by Rolling  Stone)

36歳でクリス・ジェリコばりのロックスターキャラを演じるのは、オーストロムだ。彼もエディも観衆の前に立つと重度の不安を感じるタイプだ。彼らに言わせると、観客の前での試合は一種の所謂「セラピー」なのだ。「リングを囲む群集の中にいるとき、視線は全部こっちに集まってくる」とエディは言う。「(試合では)関心の中心だ。つまり、みんなが俺を見ている状況そのものだ。そしてそういった公の場で自分の不安と向き合っている。内にこもるのはまずい。外に向かっていかなきゃね。あえて自分にとって不快な場に身を置く。そうするといろいろ改善される」

エディもオーストロムもブレイザーもそして無数の帰還兵たちはみんな、いろいろな意味で排除されているという感覚を抱いている。これには3人とも口を揃えている。帰還兵の見てきたことなど誰も理解しようとしない。さらに他の帰還兵たちも様々な問題を抱えてきた。そしてオーストロムは言う。米軍がそのPTSD患者に対処するやり方には「落ち込まされるばかりだ」と。「先方はこっちを押しのけるばかりなんだ」とオーストロムは語る。「あっちはたくさんの人々を排除してきた。そのせいで帰還兵の自殺が蔓延している。だって何のめども立たないままに放ったらかしにするんだからね」と。

2016年実施のアメリカ地域社会調査によると米国内で暮らす帰還兵の数はおよそ1850万人である。退役軍人省の試算では帰還兵の自殺を図る率は他の米国民より22%高いのだ。2012年の退役軍人省の報告では毎日22名の帰還兵たちが自殺を図っている。さらにその人数は実際にはもっと多いのではという意見もある。PTSD治療の権威、コロンビア大学のジョン・マーコウィッツ博士が説明してくれた。「これは甚大な問題です。300万人近い中東方面からの帰還兵のみにとどまるものではありません。どの戦争からの帰還兵においても自殺のリスクは高まるのです」

ヴァルハラ・クラブのレスラー3人のなかでも、少なくとも1人はイラクから帰還して自殺した友を抱えている。「まさにそういう人にこそ関わっていきたい」とブレイザーは語る。彼はヴァルハラ・クラブでのツアー巡業を願っている。全国の拠点で試合をして、試合後に語り、帰還兵同士の結びつきを目指すのだ。彼らは自分たちのドキュメンタリーも撮影している。そのなかで彼らは自分たちの再適応問題やどのようにプロレスがトラウマの回復を支えてきたかを語る。

また、彼らはこの作品のパブリックビューイングを開催、イベントでのディスカッションやファンへの働きかけに務めてきた。多くの場合、これら試合後の試みは実を結んできた。握手、ハグ、Facebookなどなど。しかしエディがリング上でくり広げる強烈なパフォーマンスは、強い反発も引き起こしてきた。

ミネラル・ウェルズ・レジオン・ホールの駐車場に立ち戻ってみよう。怒った帰還兵が1人、彼らレスラーが試合中に軍を侮辱したとエディに向かって食ってかかっていた。エディは何とか自分も帰還兵であることなどを説明してわかってもらおうとするのだが、この怒った帰還兵は聞く耳も持たなかった。結局、その帰還兵は同行していた友人になだめられて帰っていった。
「たぶん、ある程度の微調整は必要だろう」とエディは語る。会話が成り立たなかった、しかしおそらく支援が必要であろうこの帰還兵とのやり取りを振り返り、「あえて挑発して巻き込むんだ。しかしそのままこっちに襲いかかってくることもある。バランスの問題だ」

また、可能な限り働きかけることにかかわる課題だ、とも彼は言う。ヴァルハラ・クラブがたとえ一度に1人か2人にしかそこまでは関われないにせよ、試みる価値は十分にある、と3人は語る。3人とも既にもう、あまりに多くのものを失ってきたのだ。異国で亡くなった友人たち、帰ってきてもなお自ら命を絶った者たち、世界のバランスを取り戻せないままの者たち。3人のレスラーたちはどんなにわずかなものであれ、PTSDからの回復は大切な勝利なのだと考えている。

「僕にとって大切なことだ」とブレイザーは電話越しに語ってくれた。彼は次に控えた試合やトライアウト、舞台装置やTシャツのデザインについて話した。彼は妻と2人の子どもたちのために夕飯の料理もしている。「こちらの目が開かれた思いだ。自分が完全に変わった。そうすることで自分のためになることに気付き、だからこそ、他のみんなを助けていきたいと思う」

あわせて読みたい

「PTSD」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  8. 8

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。