記事

【読書感想】高橋名人のゲーム35年史

1/2



(153)高橋名人のゲーム35年史 (ポプラ新書)

内容(「BOOK」データベースより)

テレビゲーム界のレジェンドが書く、ファミコンから現代までゲームの歴史と裏側。「ゲームは1日1時間」「16連射」など、かつてファミコンブーム時代に一世を風靡した高橋名人。35年以上ゲーム業界にかかわり、今も現役でゲームに関わる高橋名人だからこそ書ける、テレビゲームの話と自身の当時の裏話を書いた一冊。

 任天堂からファミコンが発売されたのは、1983年7月15日。

 本日、2018年7月15日は、ファミコン誕生から、ちょうど35年の記念日なのです。

 はじめてファミコンの画面をみたときは、「この『ドンキーコング』や『マリオブラザーズ』が家のテレビで遊べるのか?」と驚いたんですよね。それまでの「テレビゲーム」って、カセットビジョンのカクカクしたキャラクターが「標準」だったので。

 この本、あの「16連射」で一世を風靡した高橋名人が、自らの35年のゲーム業界との関わりや名人としての思い出を語ったものです。

『ロードランナー』は、「裏技」という言葉が生まれるきっかけになったタイトルでもあります。

 きっかけは『ロードランナー』で、「はしごに右手をかけて止まっているときにロボットがすり抜ける」というバグが見つかってしまったことです。

 これがパソコンのプログラムであれば、バグがあったとしても、雑誌に「リストの何行目のここをこう修正してください」と掲載すれば修正できたのですが、ファミコンはそれができません。

「これが返品問題になると倒産だな。どうしよう」と考えていたときに、『コロコロコミック(以下、コロコロ)から「これ本当の技じゃないけれど、やってみたら面白い技ということで、逆に言っちゃってもいいんじゃないですか?」と提案されたのです。

「それも面白いかもしれないな。じゃあどうしよう? 表に対して裏技というのでいいんじゃないの?」というのが、そのときの会話で出てきたんです。

 ネット上では「裏ワザ」は、私が考えたという話もありますが、実際は『コロコロ』さんとの話し合いの中で生まれた言葉なのです。

 そのあとに、隠しキャラクターなどを入れる文化が定着しました。

 当時は、本当に「裏ワザ」ブームだったんですよね。

 徳間書店の『ファミリーコンピュータMagazine』に掲載された「『水晶の龍』で野球拳ができる!という伝説のウソ技」や、『コンプティーク』がどこに行っても売り切れていた『ゼビウス無敵モード」なんていうのもあったよなあ。

 ただし、高橋名人はシューティングゲームの「無敵技」は、「ゲームが面白くなくなる」ということで、強く否定しています。

あわせて読みたい

「ゲーム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  3. 3

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  4. 4

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  5. 5

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  6. 6

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  7. 7

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  8. 8

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  9. 9

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

  10. 10

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。