記事

災害予防・対応の制度のあり方をめぐって

今回の西日本の豪雨災害、特別警報を含め、警報や避難勧告・指示のあり方が問われるものとなっています。

また、私は同時に、発災後の被災者支援、復旧の仕組み自体もそのあり方が問われることになるのではないかと感じています。

災害救助法、被災者生活再建支援法、激甚災害制度等、さらにはそれぞれの行政分野ごとの対応の仕組みがありますが、今回のような大雨による極めて広範な都道府県域にまたがり、甚大な災害が発生した場合の対応として、これらの法制度等が、十分必要なところまで手が届き切らないのではないかとの危惧を抱きます。

災害の後の対応で必要なことは、とにかくスピード、そして臨機応変であること。色んな制度もその都度に応じて作り替え、また必要なものは新たに作らなければなりません。

そのスピード感が、政府にも国会にも強く求められます。

あわせて読みたい

「西日本豪雨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  2. 2

    ゴーン氏失脚 日産には絶好機に

    吉田喜貴

  3. 3

    ディズニー訪問で感じた劣悪環境

    吉田喜貴

  4. 4

    ゴーン氏逮捕が示す権力腐敗の常

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    ゴーン氏逮捕で日産にメリットも

    ヒロ

  6. 6

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  7. 7

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  8. 8

    長与さん 暴行受けるも正義貫く

    AbemaTIMES

  9. 9

    日本は韓国捨てるか 撤退企業も

    tenten99

  10. 10

    祭りちゃう…宮川大輔への裏切り

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。