記事

タイでは年30日まで有給で、病気休暇が取れる

1/2

日本には、短期の病気に使える「病気休暇」(sick leave)がない。
(注:公務員は取得できる場合もある)

そのため、風邪やインフルエンザで有給休暇を全て使ってしまった、という人も多いのでは。

そこで今日は、タイのバラエティ豊かな休暇制度を紹介しよう。

タイでは年30日まで有給で、病気休暇が取れる

タイでは労働保護法により、

まず、年6日以上の有給休暇を取れる(勤務1年以上)(第30条)。

それに加えて、病気休暇を取ることができ、年30日までは有給となる(第32・57条)。
(3日以上の場合、雇用者は診断書の提出を要求できる)

その他に、下記の休暇がある。

  • 避妊手術のための休暇(有給)(第33・57条)
  • 用事休暇(通常は就業規則により無給)(第34条)
  • 兵役休暇(年60日まで有給)(第35条)
  • 能力開発休暇(通常は就業規則により無給)(第36条)
  • 産休(年90日・45日まで有給・残り45日も社会保障基金により所得保障あり)(第45・59条)
  • 出家休暇(法律には定められていないが、タイでは一般的)

The Labour Protection Act B.E. 2541(労働保護法)|Department of Labour Protection and Welfare(タイ労働保護福祉局)

大事なのは、病気休暇は年30日まで有給だと法が定めているので、企業が就業規則などで「うちは年10日まで」と勝手に定めれば、違法になることだ。

さて、この休暇の多さについて、経営者はどう思っているのだろうか。

あるコンサルティングのサイトが、本音があふれてて面白かったので引用してみる。

傷病休暇:労働者は、仮病でない限り、傷病の程度に応じて年30日以内の傷病休暇を取る権利があり、使用者は賃金を支払わなければいけない(本来重い病気での入院を想定したものですが、タイ人はこのマイサバイ休暇制度を悪用し、際限なく休みを取りがち。上記の有給と合わせると年に36日、月に3回ですから毎週のように休んでいい、と考える労働者もいます。結果として、タイでは土曜日を休みに定めず、週休1日制とする企業が多いです)。

「タイ人は際限なく休みを取りがち」とあるが、個人的には、日本人もこのくらいのゆる〜い労働観になってくれれば生きやすくなるのにと思う。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    鳩山氏がバラした球界OBガン罹患

    NEWSポストセブン

  3. 3

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    HUAWEI巡り中国人エリートに激震

    WEDGE Infinity

  5. 5

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  6. 6

    河野氏の答弁拒否より大きな問題

    大串博志

  7. 7

    医学部入試不正を生む奴隷的現場

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  9. 9

    同僚へ告白し玉砕 社内で噂に

    キャリコネニュース

  10. 10

    iPhoneに勝る?「Pixel 3」の魅力

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。