記事

受動喫煙防止法案 今国会成立へ

受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が、昨日12日、参院厚生労働委員会で、与党などの賛成多数で可決されました。この後、参院本会議で可決される見込みなので、今の国会で成立することになります。

東京五輪・パラリンピックの前の2020年4月施行予定ですが、再三お伝えしているように、世界の水準からすると、かなり甘い規制で、最近は五輪・パラリンピックが各国で、煙のない環境で行われてきたのに、日本開催で、その前例を破ることになってしまいます。

焦点だった飲食店は、当初案より後退し、例外的に経過措置を認めています。客席面積100平方メートル以下で、個人経営か資本金5千万円以下の中小企業が経営する既存店では、「喫煙」「分煙」などの表示をすれば喫煙を認めます。

厚生労働省の試算では、最大55%が当てはまる、ということで、半数近くが、たばこの煙のある店になってしまいます。この他、学校や病院、行政機関などは、最も厳しい敷地内禁煙になり、屋外の決められた喫煙場所以外では吸えなくなります。これは、よいことだと思います。

審議の中で、加藤厚労相が、ランチタイムなど特定の時間だけを禁煙とする「時間分煙」を認めない方針を示したのは、当然のことながら、飲食業界の要望を否定した形で、よかったです。

質疑の中では、野党だけでなく、与党からも「不満」の声が上がっていました。医師・歯科医師などは、禁煙を求めていることもあり、歯科医師の石井みどり議員(自民党)から、「本法案の内容は、医療人の立場からすると反対というのが偽らざる気持ち。一方で、この内容すら法制化できないのはもっと反対だ」と述べています。

また、加熱式たばこの規制が、緩やかなことについて、全国がん患者団体連合会の天野理事長は、世界の加熱式たばこの販売量の大半を日本が占めていることをあげ、「健康被害が実際に出始めてからでは遅い」と指摘しています。

また、信濃毎日新聞加盟の日本世論調査会の全国面接調査でも、56%の人が、「もっと厳しい規制が必要」と考えていることが、わかっています。たばこを吸う人で「対策を進めるべきだ」と回答した人は53%でしたが、吸わない人では91%に上り、喫煙の有無で賛否に違いがあります。でも、別の調査では、喫煙者の8割が、禁煙したいとしている、というものもあり、禁煙への支援も必要かと思います。

国の受動喫煙防止の法案が後退したのに対して、五輪・パラリンピック開催都市の東京都では、6月27日に、国よりは厳しい受動喫煙防止条例が成立しています。従業員を雇っている飲食店内を原則禁煙とし、違反者への罰則(5万円以下の過料)も設けています。

この条例では、東京都の飲食店の84%が禁煙になります。東京都以外にも、大阪府が店舗面積30平方メートル以下のスナックやバーを除く飲食店を原則禁煙とする条例の制定を検討するなど、国の法案より厳しい対策を考える自治体が出てきていることは、歓迎です。

見直しの時には、もっと厳しい内容に、国の法律をしてほしいですが、受動喫煙防止の法律ができることによって、各方面によい影響が出ればとも思います。私が住んでいる長野県では、学校敷地内を全面禁煙にしている割合が、全国最低の40.1%にとどまったことを受けて、県教育委員会は、来年度から県立学校全98校を敷地内禁煙とする方針を明らかにしました。

人のたばこによって命を縮めるなどの被害を防ぎ、現在の受動喫煙による死亡が年間1万5千人という数字を下げていくように、この法律成立を機会に、各自治体などでも取り組みを進めてほしいと思います。

あわせて読みたい

「受動喫煙対策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  2. 2

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  10. 10

    百恵さんの配信解禁 若者も絶賛

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。