記事

リベラルとは何か?――その概念史から探る - 髙山裕二 / 政治学

1/2

はじめに――「リベラル」は死語!

本日のセッションで私に課せられたお題は、「リベラル」の歴史や定義について、です。わたしは政治思想史を専門としていますので、その領域で「リベラル」がどう考えられているのかと、それに対する私の若干のコメントを今日はお話ししたいと思います。

まず、本題に入る前に、日本では「リベラル」と言ってもピンとくる人が少なく、しかも今日ではおそらく若者一般のあいだでその魅力がますます落ちていることに触れておきたいと思います。その理由として、大雑把に言うと次のような事情が考えられます。

ひとつは、戦後日本では長らく自民党が政権与党であり続けたわけですが、その自民党のなかにも「リベラル」と呼ばれる人びとが含まれていたため、リベラルが日本政治を語る政治機軸(哲学)にはならなかったという事情があります。

もうひとつは、冷戦体制の崩壊と〈革新対保守〉という構図の終焉が挙げられます。しばしば指摘されるように、その結果として「革新」勢力が――意識的か無意識的かわかりませんが――リベラルを標榜するようになりました。そうすると、いわゆる左派がリベラルを名乗るわけですが、世界的に見ても、また歴史的に見ても、リベラルはそういった人びとを指す言葉として必ずしも使われてこなかったため、概念的な混乱が一層深刻になりました。

そこで、冷戦後生まれの今の大学生が、リベラルと聞いてピンとこないのは無理もありません。たとえば――大変個人的な例ですが――、政治学の英語のテキストを講読する授業でリベラルを単に「自由(の)」と訳してしまうのも、もしかしたらその表われかもしれません。もっとも、これはわたしの個人的な心象の問題で、たまたまかもしれませんし、以前の学生もそうだったのかもしれません。

ともかく、とくに若者世代のなかで、この概念が共有されていないことは確かなようです。少なくともかつて一定の人びとに共有されていたような意味での「リベラル」は死語になっているのではないでしょうか。しかも、近年メディアではよくリベラルという言葉を耳にしますが、体制に反対する党派を指してやや無差別に用いられていることが多いため、相対的に見て政権を支持することの多い――それに代わりうる選択肢がないからという消極的な理由からであれ――今の若者にとって、リベラルは魅力のない概念になっているのではないでしょうか。

しかし、政治の概念とその歴史を研究している人間からすると気になるのは、リベラルという概念が「自由主義(者)」を表わすという事実です。意外にこの事実が一般には忘れ去られているのではないか。こうした関心のもと、ここでは自由主義の概念史を辿りながら、リベラルの意味について少し考えてみたいと思います。

それは、真の意味はこれだ(!)と指摘したいからではなく(そもそも概念は時代によってしばしば異なる意味で使われます)、その原意に立ち返ることが結果的に日本におけるリベラル概念の一定の共有と、そのより広いコンセンサスが得られる道につながるのではないかと考えるからです。

「リベラル」の歴史――「二つの自由」の潮流から考える

政治思想史でも、リベラルやリベラリズムについてはじつに様々な議論があります。ただ、多くの議論に共通するのは、「二つの自由」の潮流からその説明を始める点です。「二つの自由」とは、オックスフォード大学の政治理論家アイザイア・バーリンが「消極的自由」と「積極的自由」というかたちで定式化することで有名になりましたが、ここではあくまで歴史的な展開の説明として単純化すると、下記の図のようにまとめられるかと思います。



上の古典的自由とは、16、7世紀ヨーロッパの宗教戦争などを通じて獲得された個人の内面の領域、おもに思想信条の自由や表現の自由を指します。これは、公権力から干渉を受けないという意味で「権力からの自由」と評されます。

これに対して、下の近代的自由は、「権力への自由」と言われます。それは、19世紀の産業化の進展にともなう貧困問題、不平等の拡大によって増大した社会的「弱者」を国家(権力)が救済する必要から生まれました。この場合、自由を自己能力の実現・開花と理解し、そのために最低限必要な社会経済的保障をすべての人に認めるべきだと主張されます。

つまり、何かを(他者から)なされないかではなく(自己が)なしうるかに自由の本質があると考えるため、みずからのなしたいこと(自己実現)ができない境遇にある人びとは自由のない状況にあり、彼らの境遇の改善を要求していくことも自由と考えられるわけです。

もちろん、この近代的自由が古典的自由を排除するとはかぎりませんし、両者は両立し得ることは少なくないわけですが、〈みずからのなしたいことをなす〉というのは他者(の自己)に干渉していくことにもつながり得るため、バーリンはこの点を積極的自由の「自己支配」の理想視の問題点として指摘しました。

そしてのちに、こうした自由の考え方は自由それ自体というよりはその条件に注目したもので、そもそも自由ではなく平等を重視するものではないか、しかも国家や他人に依存した無責任を招くと言って批判するネオリベラリズムという考えが生まれてきたのは、ご承知の通りです。

実際、近代的自由の形成に寄与したイギリスのニューリベラリズムは、みずからを「リベラル社会主義」(ホブハウス)と呼んでおり、これが自由主義の「社会主義化」として批判されたのでした。ネオリベラリズムは、英米を中心に1980年代以降福祉国家批判として展開されますが、思想的にはその半世紀前、第二次世界大戦中に遡るもので、象徴的にはフリードリッヒ・ハイエクなどが参加した1938年の「ウォルター・リップマン国際会議」(パリ開催)で生まれたと言われています。

ところで、現代のアメリカでは、こうした新自由主義的政策を「近代的」自由の立場から批判する人びとがリベラルと呼ばれています(ちなみに、アメリカで新自由主義者たちは通常、保守/ネオコンと呼ばれているのでややこしいです)。しかも、日本でもそういった傾向があるようです(つまり、冒頭に申し上げた「革新」に代わるリベラルの用法ですね)。

しかし、わたしは昨今の日本におけるその用法にはやや違和感があります。もちろん、実際には二つの自由のどちらかが純粋に実現されることも、またリベラル自身がそう主張しているわけでもありませんが、彼らが近代的自由のほうを強調することで概念の混乱を招いているように思われるのです。

別の言い方をすると、「自由」の意味が見えづらくなっているのではないか。いや、二つの自由論の説明からも察しがつくように、「自由」というのがそもそも多義的で、リベラリズムあるいはリベラルは二つの「自由」によっては定義できないのではないか、という疑念すら抱きます。

もうひとつ問題点を提起すれば、そうした自由の二分割とそれに基づく――現代のリベラルのような――左と右という党派の対立は、パイをどれだけ分配するかというパイが大きくなる時代を前提にして作られたもので、現代の先進国のような低成長時代には別の政治機軸(哲学)が必要となっているのではないか(‘The Two-Hundred-Year Era of ‘Left’ and ‘Right’ Is Over,’ Foreign Policy, November 14 2016)。

右と左という概念が完全に意味を失ったわけではないと思いますが、リベラルが新しい概念として意味を持ちうるかが今問われているのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「政治学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GW10連休に理解苦しむ世界経済

    澤上篤人

  2. 2

    アメトーク西成差別 当事者の傷

    田中俊英

  3. 3

    よしのり氏 山口真帆騒動に指摘

    小林よしのり

  4. 4

    JAL国内線 個人モニター搭載の謎

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    自民に勝利宣言する立民の勘違い

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    堺市長辞職 維新が狙う後任の座

    橋下徹

  7. 7

    AAA 知っているのは西島くらい

    渡邉裕二

  8. 8

    まるでオカルト NHK報道の質低下

    水島宏明

  9. 9

    倉本聰が描くテレビ局への怒り

    メディアゴン

  10. 10

    共産党関係ない大阪の自民連敗

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。