記事

外遊を中止して辛うじて難を逃れた格好の安倍総理だが、国会が閉会すると新たな難が待っている

安倍内閣の支持率が不支持率を上回っているから大丈夫だろう、などと軽信されないことである。

通常国会の間は如何にも自民党は一致結束して難に当たっていたような印象だが、自民党の乱はこれから始まる。

参議院の定数増法案もカジノ実施法案も実は国民に不人気な法案だということを軽視されないことだ。
既に公明党筋からあれこれ異論が出てきている。

野党が今のところほぼ無力だから、反対の声はそう大きくなっていないが、これで憲法改正の国民投票ということになると、憲法改正だけではなく、自民党が採決を強行して成立させた様々な法案についての反対の声が一気に高まると見ておいた方がいい。

いくら自民党が憲法改正のCMを打っても、安倍内閣が醸成してしまった国民の政治に対する不信感は、そう簡単には解消されない考えておかれた方がいい。

今のところ国民の不信感は与党にも野党にも向けられているが、いつ、どこでその流れが変わるかも知れない。

多分、国民投票法の改正は実現するだろうが、今の状況では憲法改正の発議にまで辿り着けるかどうか分からない。
なんとはなくの不信感が国民の間に漂っている、ということが分かれば、国民投票は止めておこうということになるかも知れない。

石破さんの戦闘開始宣言は、間もなくのようである。

岸田さんがどうするのか未だ分からないが、ここで岸田さんが日和ると、まず間違いなく岸田さんの芽は潰れる。

総裁選が終わったら、小泉進次郎、起て!という声が大きくなるはずである。

安倍さんは石破さんや岸田さんには勝てるだろうが、小泉進次郎には勝てそうもない。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ゴーン氏逮捕 例を見ない悪質さ

    弁護士 紀藤正樹 Masaki kito

  2. 2

    ゴーン氏失脚 日産には絶好機に

    吉田喜貴

  3. 3

    ディズニー訪問で感じた劣悪環境

    吉田喜貴

  4. 4

    ゴーン氏逮捕が示す権力腐敗の常

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    ゴーン氏逮捕で日産にメリットも

    ヒロ

  6. 6

    長与千種は例外 喧嘩は通報せよ

    常見陽平

  7. 7

    日本に勝利? 韓国で進む歴史歪曲

    NEWSポストセブン

  8. 8

    長与さん 暴行受けるも正義貫く

    AbemaTIMES

  9. 9

    日本は韓国捨てるか 撤退企業も

    tenten99

  10. 10

    祭りちゃう…宮川大輔への裏切り

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。