記事

英政府のEU離脱方針白書、金融業界が強く批判


[ロンドン 12日 ロイター] - 英政府が12日に発表した欧州連合(EU)離脱方針をまとめた白書の内容を巡り、国内金融業界から批判の声が湧き上がっている。

英国に拠点を置く銀行や保険会社、資産運用会社などは現在、EUのいずれかの加盟国で免許を交付されれば域内全体でサービスを展開できる「パスポート制度」の適用を受けている。しかし白書によると、ブレグジット(英のEU離脱)後にはEU全域で事業を行うのがより難しくなるとみられているからだ。

金融街シティーの行政を担うシティー・オブ・ロンドンの政策委員長は「本日の白書は英国の金融業界と関連する専門サービスセクターにとって本当に痛手だ」と述べた。

英政府は白書でEU側に「同等性評価」の改善を提案した。同等性評価は、域外国の規則がEUと同じだと認めた場合のみ、市場アクセスを容認する仕組みだ。

ただシティーや金融業界団体のシティーUKは、パスポート制度の代わりに、英国とEUがそれぞれ自由な市場アクセス権を得られる「相互承認」制度を英政府が主張すべきだと提言していた。

シティーUKのマイルズ・セリック最高責任者は「相互承認制度が実現すれば、既存の顧客サービスを維持できた。それだけにこの方式を交渉の席に乗せさえしなかったのは、悔やまれるし不満に思う」と嘆いた。

資産運用業界団体の英国投資協会も、政府が相互承認制度を望ましい方針から除外したことに失望を表明した。

英財務省のある高官は、政府が相互承認という言葉をEUになじみやすい表現に変えて同じ成果を勝ち取る「名を捨てて実を取る」戦術を採用していると説明した。

それでもこの高官は、来年は欧州議会が選挙を迎え、新たな欧州委員会メンバーが指名されることで、しばらく立法機能が働かなくなる点を考慮すると、2020年の移行期間終了までに計画を実現するのは難しいとの見方も示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  5. 5

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  6. 6

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  9. 9

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  10. 10

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。