記事

【読書感想】ダントツ企業 「超高収益」を生む、7つの物語

1/2

ダントツ企業―「超高収益」を生む、7つの物語 (NHK出版新書 544)

Kindle版もあります。

ダントツ企業 「超高収益」を生む、7つの物語 (NHK出版新書)

内容紹介
ニッポンの底力! あの企業が儲かる理由

セブン銀行の収益率がセブン─イレブンの40倍なのはなぜか? 長野の中央タクシーはなぜ他社の2・5倍を売り上げるのか? アイリスオーヤマが家電で圧勝する理由は? ダントツ企業の経営手法を知れば、ビジネスの秘訣が見えてくる。不況でも「超高収益」を生み続ける7社に注目し、読みやすいストーリー仕立てで「儲かる仕組み」を明快に解説する!

[内容]
第1章 セブン-イレブンをしのぐ40倍の超高収益──セブン銀行
第2章 ネスレはなぜコーヒーマシンを無料で配ったのか?──ネスレ日本
第3章 3年で4000種類の超スピード商品開発──アイリスオーヤマ
第4章 伝説を作り続ける地方タクシー会社──中央タクシー
第5章 世界最大の気象情報会社はなぜ日本で生まれたか?──ウェザーニューズ
第6章 「切る・削る・磨く」のニッチで世界一──ディスコ
第7章 ソフトバンク孫正義が3・3兆円で買収した謎の会社──ARM

 世の中には、みんなが名前もその仕事の内容も知っていて、ちゃんと利益をあげている大企業もあれば(自動車メーカーのトヨタとか任天堂とかがその代表格でしょう)、名前は知られているのに、経営危機に陥っている、東芝のような大企業もあります。

 そして、この本で紹介されているような、名前は知られていても、そんなに稼げそうになかったり、名前も聞いたことがないのに、そんなに儲かっているのか!と驚かされたりするような企業もあるのです。

 コンビニで遅い時間や休日でもお金がおろせるようになって、かなり便利になりましたよね。
 とはいえ、ATMを店内に設置するというのは、その店舗の経営者にとっては、心理的な負担も大きそうです。

 僕はあのセブン銀行というサービス、手数料で多少は儲かっているとしても、設置してあるコンビニにお客を呼ぶのが主な目的なんだろうな、と思っていました。

 とりあえず、お金を下ろしたら、ついでに何か買っていこう、という人も多いだろうから。
 ところが、セブン銀行というのは、ものすごく儲かっているのです。  

 そのセブン銀行の業績をみてみよう。セブン銀行はセブン&アイとは別に個別に決算情報を公開している。それによると、2017年3月期の業績は、経営収益(売上高に相当)1216億円、経常利益367億円、経常利益率30.2%となっている。

 利益の絶対額でいえば、セブンーイレブンにはるかに及ばない。しかし、単位床面積あたりで稼いでいる利益を比較するとどうであろう。ATM1台が占める面積は、わずか幅45センチメートル・奥行き60センチメートルだ。セブンーイレブンの平均的な床面積はおおよそ100平方メートル程度であるから、ATM1台が占める床面積の400倍ほどだ。利益の絶対額の違いは10倍程度なので、単位床面積あたりで比較すると、セブン銀行の利益はセブンーイレブンの40倍と極めて高収益であることがわかる。

 もちろん、その高収益性はセブンーイレブンの中にあればこその結果である。しかし、そこにセブン銀行の巧みさが隠されている。

 著者は、普通の銀行は、預金者からお金を集め、それを「融資」することで稼いでいることをまず説明しています。
 しかしながら、セブン銀行は「融資」をしない銀行なのです。

 ではセブン銀行はどうやって収益を上げているのか。実は、ATMの利用料で稼ぐシンプルなビジネスモデルである。しかも利用者が手数料を支払うのではなく、600以上の提携金融機関(銀行も含まれる)が手数料を支払うというのがミソだ。

 たとえば、セブン銀行の提携先にA銀行があるとする。A銀行に口座を持つ顧客は、普通はA銀行の支店に出向いてお金を出し入れするだろう。それとまったく同じように、顧客はセブン銀行のATMを使ってA銀行の口座からお金を出し入れできる。つまり、セブン銀行のATMは、この利用者にとってはA銀行のATMとして機能するのである。これはB銀行でも、C信金でも同じだ。

 基本的に利用者はATMの手数料を支払う必要はない。利用者に代わってATMの手数料を支払っているのは、利用者がお金を引き出している(あるいは入金している)A銀行なのである。つまり、「セブン銀行の顧客は銀行」なのだ(厳密に言えば、提携金融機関や時間帯によって利用者が利用料を払う場合もある。その場合は利用者が顧客となる)。

 A銀行の顧客は、支店よりセブンーイレブンが家の近くにあり手数料もないとなれば、セブン銀行のATMを使うだろう。しかも銀行と違って、セブンーイレブンは365日24時間、休みなく開いている。ついでにセブンーイレブンで買い物をする人も多いだろう。まさに「コンビニ」の名の通り、セブン銀行は便利(コンビニエンス)なのだ。

 では、金融機関がお金を払ってまでセブン銀行のATMと提携するのはなぜか。もちろん、自分たちでATMを設置することはできるだろう。しかし、自らATMを設置するには、それなりのコストがかかる。セブン銀行のATMと提携して、顧客が利用したときだけ手数料を支払うほうが、金融機関にとってもはるかに安上がりだ。

あわせて読みたい

「セブン銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  2. 2

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  3. 3

    恩を仇で…世界は日産をどう見る

    山口利昭

  4. 4

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

  5. 5

    日産 ゴーン氏側の証拠隠滅警戒

    ロイター

  6. 6

    芸より視聴率 M-1はルール改正を

    松田健次

  7. 7

    仏デモ 金持ち優遇は日本と酷似

    田中龍作

  8. 8

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

  9. 9

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

  10. 10

    仏暴動 他国が介入した可能性も?

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。