記事

英中銀、健全性審査にシステミックリスクの対応力追加へ


[ロンドン 12日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)の健全性監督機構(PRA)は12日、主要国内銀行に対する2018年の健全性審査(ストレステスト)において、非中核資本バッファーに関する条件を含める方針を明らかにした。

国内外のシステム上の重要性を反映するため、銀行の二次的なバッファーも含めると説明した。

システミックリスクのバッファーを含めることにより、全体的なハードルレートはロイズ・バンキング・グループ<LLOY.L>が2.5%、バークレイズ、HSBC<HSBA.L>、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)<RBS.L>などは1%上がるとした。

また、「ピラー2A」として知られる非中核資本バッファーの審査方法について変更することも表明。ピラー2Aは銀行のリスク管理能力を測る財政的な強さの尺度。

今年のストレステストの結果は年末ごろに公表される予定。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    元日テレ社員 イッテQの裏を解説

    AbemaTIMES

  2. 2

    日露の歴史を知らぬ政治家に驚き

    鈴木宗男

  3. 3

    飲み会に嘆き 行っても結局孤立

    キャリコネニュース

  4. 4

    所得1千万円で滞納 公務員がグチ

    キャリコネニュース

  5. 5

    「韓国が和紙代用品」議員が警鐘

    赤池 まさあき

  6. 6

    美智子さま 眞子さまに厳重警告

    NEWSポストセブン

  7. 7

    昭和天皇の素顔 孫に祝い3000円

    文春オンライン

  8. 8

    原油供給過剰 アジア減速が影響

    ロイター

  9. 9

    科学に警鐘 顔ぶれが示す深刻さ

    畑恵

  10. 10

    BTS炎上にみる韓国の被害者意識

    中田宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。