記事

夏の豪雨を前に洪水ハザードマップを確認しましょう

こんにちは。
大田区議会議員 岡 高志です。

今月の西日本の広範な地域に被害をもたらした豪雨災害。
夏の暑い中、ライフラインが寸断され、避難生活を余儀なくされておられる方も多数いらっしゃる。
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

10日に国土地理院から倉敷市周辺の浸水推定段彩図が公開されていました。
映像等の情報から浸水した範囲の端の地点を確認し、その地点の高さから標高データを用いて浸水面を推定し、浸水面から水深を算出し深さごとに色別に表現したものです。

昨年作成して公開していた倉敷市の洪水ハザードマップと、ほぼほぼ一致しています。


予測通りの実績が起きたことになるので、自治体の防災情報をこの機会に確認しましょう。

大田区のホームページでは、左上のリンクから、防災・防犯情報にアクセスできます。


https://www.city.ota.tokyo.jp/
洪水ハザードマップや、土砂災害警戒区域が示されています。
自宅や学校・勤務先の場所の水害リスクが把握できます。

避難所は近くの学校が指定されているため、多摩川近くの学校には避難しないほうがいいのでは、
とのご質問もいただきます。
洪水ハザードマップはその判断に役に立つことと思います。

区のホームページだけでなく
独立行政法人防災科学研究所の提供する地震ハザードカルテ
東京都土木技術支援・人材育成センター技術支援課の液状化想定

なんかもご確認ください。

防災対策は、災害リスクを把握することからはじまります。

あわせて読みたい

「西日本豪雨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  2. 2

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  3. 3

    恩を仇で…世界は日産をどう見る

    山口利昭

  4. 4

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

  5. 5

    日産 ゴーン氏側の証拠隠滅警戒

    ロイター

  6. 6

    芸より視聴率 M-1はルール改正を

    松田健次

  7. 7

    仏デモ 金持ち優遇は日本と酷似

    田中龍作

  8. 8

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

  9. 9

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

  10. 10

    仏暴動 他国が介入した可能性も?

    MONEY VOICE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。