記事

応援投資家

 3月決算を前にして、多くの企業が持ち合い株式の値下がりによる評価損に苦しんでいる。 海外企業からなどからの敵対買収に対抗するため、企業同士が互いに株式を持ち合って安定株主比率を高めようとしたもの。

 一時、海外の大手鉄鋼グループが日本の高炉メーカーを狙っているのではといった懸念が高まった。 それで、各社は株式の持ち合いに走った。 買収防衛のために巨額の資金を固定化するわけだから、企業経営における資金効率は下がる。 そして、いまは特別損失として処理を迫られている。 買収は未然に防げたかもしれないが、ずいぶんと余分な出費をしたものだ。

 敵対買収提案はいつ飛び出てくるか知れたものではない。 とはいえ、こちらの株価が安い時のほうが危険度は格段に高い。 であるならば、相場暴落時に俺達の出番だと買い向かう長期投資家がどんどん増えれば、買収提案が出される恐れは少なくなるはず。

 長期投資家にとっては株価の安いときに買い仕込んでおいて、将来どこかで高くなってきたときに利益確定することで、たっぷりと投資のリターンを確保できる。 自分達の長期投資を淡々と進めるだけのこと。 せいぜい、この企業はなにが何でも応援するのだという熱い気持ちで、相場暴落時に買い出動することが求められるぐらい。

 企業サイドからみれば、持ち合いで巨額の資金を固定化させることなく、敵対買収提案の懸念を軽減できるから実にありがたい。 自社の株式をどんどん買ってくれるのは、生活者応援団の人たちだ。 これほど心強いことはない。

 これも、長期投資の社会的意義のひとつである。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。