記事

出口治明氏 日本人よ、「定年」という観念をもう捨てよう

【ライフネット生命の創業者・出口治明氏】

 定年後、私たちはどう生きるのか──そのヒントを、ライフネット生命の創業者・出口治明氏は「戦前の日本」に見いだす。歴史学者の奈良岡聰智・京都大学大学院教授を相手に、「古くて新しい日本人の生き方」を提示する。

奈良岡:出口さんはなぜ、明治期の実業家に興味を持たれたのでしょう?

出口:僕は歴史についての講演をよく頼まれるのですが、その際に「日本人の良さ」や「日本人の特徴」とは何かと質問されます。昔はあまり深く考えずに「真面目さとか我慢強さでしょうか」と答えていました。ところが、昔の実業家たちの型破りな生き方を知れば知るほど、ひょっとすると全く違うのではないか、と考えるようになりました。

奈良岡:明治期というのは、まだ国民国家としての日本のあり方が固まっていなかった時代ですよね。だからこそ、日本という国家のあり方、お金のつくり方、社会や組織と人間とのかかわり方も多様だったんですね。

出口:製造業の「工場モデル」が社会を牽引した高度成長の時代は、確かに「メザシの土光さん」のような質素倹約型が、日本人経営者、あるいはビジネスパーソンの理想的な姿と考えられたかもしれない。でも、ほんの100年ぐらい時代を遡ってみれば、映画ビジネスで大儲けしながら孫文の革命にほとんど全財産を投じた梅屋庄吉や、真珠の世界的ブランド・ミキモトを作った御木本幸吉のような、現代の感覚からはかけ離れたスケールの実業家がいた。

 スティーブ・ジョブズ(アップル創業者)の人物伝を読まなくても、日本にだってまるで今のシリコンバレーの起業家のような規格外の人間が、ゴロゴロいたんじゃないか。そう思って起業家たちの生き方から学べることを『戦前の大金持ち』(小学館新書)という本にまとめました。

奈良岡:そもそも戦前はサラリーマンという職業がほとんどなかったわけですからね。

出口:そうなんです。彼らには当然、定年といった概念もなく、それこそ誰もが生涯現役を貫いていることにも勇気づけられました。

奈良岡:大倉財閥の大倉喜八郎は、90歳近くなってから南アルプスを平気で登山しています。80歳を越えてから子供もつくったと言いますし、超人的なバイタリティです。

出口:でも、逆に言えば、彼らは定年などというものを意識しないから元気なんですよ。病は気からと言いますが、気持ちの持ちようがその人の体力をつくっていく。60歳が定年だと思うと、60歳を過ぎたらもう遊べないと思い込んで、実際に遊べなくなってしまう。でも、定年という意識がない人たちは、そんな区切りを気にすることなく現役で居続けられる。

◆定年したって、俺は俺


奈良岡:会社という組織を前提としていないということも大きいですよね。

出口:日本の社会は、個人ではなく会社を前提にできているので、例えば会社に電話しても、「どちらの何々さんですか」と聞かれる社会システムになってしまっている。そうすると、その組織から出てしまった人間は、不安で心身ともに病んでいくんです。でも、かつては組織がなかったので、何事にも縛られることなく自由に生きることができた。

 藤田嗣治(日本人画家)らのパトロンとなり「パリの蕩尽王」と呼ばれた薩摩治郎八は、戦後に没落して日本に帰ってきて、浅草のお針子さんと一緒になり、彼女の実家のある徳島の田舎で生涯を終えています。しかし、当時はメディアが発達していないので、「昔はパリでぶいぶい鳴らしていた」とか、徳島ではだれも知らないわけです。若いお姉ちゃんが年上のだんなを見つけて帰って来た、ぐらいにしか見られていない。

 それに、治郎八自身が、「カネがあってもなくても関係ない、俺は俺だ」という気概があったから、現代の価値観から見ればたとえ没落であっても、何も気にしなかったのだと思います。

奈良岡:薩摩治郎八はパリの国際大学都市に日本館を建設しています。出口さんが興味を持った大金持ちは、単にお金を稼ぐのがうまかったとか、ぜいたくだったとかというのではなく、お金に関して公の精神性を持った人たちだという印象を強く持ちます。これは私のお金なのではなくて、公のためにこのお金を生かさないといけないという意識を持っている人たちが多かった。稼ぎ方についても、やはり公の意識があったように思います。

●でぐち・はるあき/1948年生まれ。ライフネット生命創業者。立命館アジア太平洋大学学長。近著に『戦前の大金持ち』など。

●ならおか・そうち/1975年生まれ。京都大学大学院法学研究科教授。『対華二十一ヵ条要求とは何だったのか』でサントリー学芸賞受賞。

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  2. 2

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  3. 3

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  6. 6

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  7. 7

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  8. 8

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  9. 9

    コロナ名目で個人情報集める国家

    飯田香織

  10. 10

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。