記事

カジノと災害対策と、どちらをとるのか

30年7月豪雨による、災害、被害の現況が刻々と伝わってきます。その被害の甚大さは目を覆うばかり。

政府に対して、災害対策に万全を期すべしという申し入れを、野党として今日行いました。

安倍総理は11日からの海外出張を取りやめ。妥当な判断だと思います。

ひとつ国会で気になるのはカジノ法案の審議のあり方。この法案の担当大臣は石井国交大臣。まさにこの大災害時に陣頭に立って指揮をとるべき立場です。その人を、カジノ法案を通すために国会に張り付きにするのか。与党はどう考えているのか。カジノ法案審議を強行してくるのか。

あるべき優先順位は明らかだと思います。

あわせて読みたい

「西日本豪雨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  2. 2

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  3. 3

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  4. 4

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  5. 5

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  6. 6

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

  7. 7

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  8. 8

    素人の台風撮影に頼る報道へ苦言

    krmmk3

  9. 9

    台風19号を政争の具にする愚かさ

    自由人

  10. 10

    立民 与党から予算委開会の要求

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。