記事

【西日本豪雨】「悪質な業者や窃盗団に注意してください」広島県呉市がサイトで呼びかけるも、県警は「デマに注意して」「把握していない」

西日本の豪雨被害が拡大するに伴い、ネットでは、「窃盗団の目撃情報があったから注意してほしい」などの噂が流れている。ツイッターでは、広島県や岡山県を中心に7月8日、

「レスキュー隊の格好をした窃盗団がいます」
「外国人窃盗団の目撃情報があった」
「大阪ナンバーのセレナ、パジェロは窃盗団です。ナンバーは◯◯」
「ハウスクリーニングの業者を装った不審な人物の訪問がある」

などの情報が流れているが、広島県警は「そういった事態は把握していない」としている。

呉市「目撃情報があるわけではなく、市民から複数問い合わせがあったため載せた」

広島県警の出している呼びかけのキャプチャ

広島県警の担当者は「そうした情報や問い合わせは多数きていますが、警察では把握していません」と言う。県警のサイトでも「デマに注意してください」というタイトルで

「現在、SNSなどで『レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入っている』『犯人が乗っている車は○○で、ナンバーは○○○○』などといった情報が拡散されていますが、警察では、そのような事実は把握していません」

と注意を呼びかけている。岡山県警の担当者も、

「ネット上の情報など、出所不明な情報については、公的機関の情報を確認するようにしてください」

と話していた。

一方、広島県呉市は7月9日、ホームページ上に、「悪質な業者や窃盗団に注意してください」という題名で、次のような案内を掲載している。

「災害復旧を装い、被災した家を訪問しているグループを呉市内で見かけたとの情報が寄せられています。悪質な業者、もしくは留守宅に入り込む窃盗団の可能性がありますので、十分注意してください。また、そういった不審者を見かけた場合は警察に通報してください」

情報の詳細を市の担当者に問い合わせたところ、

「目撃情報があるわけではなく、SNSやフェイスブック上でそうした情報が出ている、という問い合わせが、複数の地域から寄せられたため掲載しました。インターネット上で出ているような、車のナンバーや服装のような具体的な情報はありません。市として何らかの対応をしようということで、注意喚起のために掲載しました」

という回答だった。ネットで情報に触れた人が心配になり、市に問い合わせた可能性が強い。

ITジャーナリスト「呉市はせめて警察に確認してから載せるべきでは」

ITジャーナリストの井上トシユキさんは、こうした呉市の対応に首をかしげる。

「出所の不明な情報を鵜呑みにして、公的機関が掲載してしまうのはとてもよくありません。せめて警察に確認してから掲載するべきです」

とはいえ、災害の混乱に乗じて盗みを働こうとする人が出ないとも限らない。公的機関の職員をかたり、見舞金や支援金の名目で詐欺を行う人が出てくる可能性もある。情報を鵜呑みにしないことはもちろん大事だが、不審者や不審車両を見かけた場合には、すぐに110番通報することも忘れないでほしい。

あわせて読みたい

「西日本豪雨」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  8. 8

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  9. 9

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  10. 10

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。