記事

「読み書き困難」は個性、人知れず悩むあなたへ

2/2

■「授業についていけない」。不登校になる子どもも

ディスレクシアのことを正しく理解してほしいと、藤堂さんたちはこれまでいくつかの本の出版も行っている

さらには、教科書を読んだり、黒板に書かれていることを板書したりすることも、ディスレクシアの人にとって大きなハードルだといいます。

「教科書や黒板に何が書かれているのか、それを音に変えて意味を理解しながら書き写したり、音にして読みながらそれを理解するということが難しい。聴覚から得た情報を文字に置き換えて書くことも至難の技。『先生が言ったことをメモする』『声に出して読む』というのは、ディスレクシアの人にとってものすごく難しい」

「これを先生からは『なまけている』『ふざけている』と判断されてしまう。保護者は、家でも勉強させてそれをカバーしようとする。本人はがんばっていても、周りの友達から取り残されているように感じ、親や先生にもわかってもらえず、怒られたり、人よりたくさん勉強させられたり…。孤独を感じ、不登校になってしまう子どももいる。教育現場でディスレクシアのことを正しく知る人を増やし、ディスレクシアの人たちをサポートするのが、私たちの活動のひとつの使命」

読み書き困難を体験できるプログラムで講義を行う藤堂さん。読み書き困難からの不安、イライラ、やる気の喪失、自己不全感などを2時間から4時間で実感できる。その際に感じる「自分がしてほしかったこと」が、明日からの支援に役立つと藤堂さん。この時の講義はテレビ会議システムを使い、全国9カ所を結んで私立高校の職員、教師を対象に開催された

現在、ディスレクシアの人が1クラスに2〜3人いてもおかしくないと言われていますが、先生たちがディスレクシア自体を知っていたとしても、『自分のクラスにディスレクシアの生徒がいる』とは思わないというところも課題のひとつだと藤堂さん。

「読み書きに困難がある以外は、普通の人と全く何も変わらないのがディスレクシア。仮に周囲の大人が『もしかしてこの子はディスレクシアかもしれない』と思っても、先生や保護者が『傷つけるのでは』『受け入れてもらえないかもしれない』と遠慮して言い出せないということもある」といいます。

■「読み書きができないとダメ」にとらわれないで

東京で2017年に開催された「アジア太平洋ディスレクシア・フェスティバル2017」で。ベトナム、タイ、インドネシア、インド、マレーシア、シンガポール、香港などからディスレクシアの当事者や専門家が集まり、和気あいあいとした雰囲気で文化交流やネットワークが行われた

読み書きが困難な以外は、普通の人と何ら変わらないディスレクシア。どういう風にしていけば、彼らの才能を伸ばしていくことができるのでしょうか。

「読み書きにとらわれず、その子本人ができることを認めてあげてほしい。昆虫が大好きだとか、ゲームだったら人には負けないとか、本人が活き活きとしている姿を、磨いてあげてほしい。本人の本来持っている才能を花開かせるために、『じゃあ、こんな勉強の仕方をしてみない?』とか『今度パソコンを使ってみよう』と先生から提案できれば、子ども保護者も、ずっと楽になるのではないか」と藤堂さん。

ディスレクシアのVince Lowさん(左)は、マレーシア出身の世界的に有名なスクリブルアーティスト。現在は広告代理店で働く。藤堂高直(とうどう・たかなお)さん(右)は名門建築大学を卒業後、英、独、仏、シンガポールにて建築設計をする傍ら、陶芸、執筆、NPO活動を行っている。2017年に開催された「アジア太平洋ディスレクシア・フェスティバル」での「ディスレクシアの才能展」にて。中央は藤堂亜美さん

「教育の目的は、知識を身につけ、それを咀嚼してアウトプットするということ。現在の教育のあり方は、目的とやり方がひっくり返ってしまっている部分があるのではないか」と疑問を投げかけます。

「日本には、『読み書き計算ができないと、立派な大人になれない』とか『仕事ができない』といった圧力や先入観がまだまだ残っている。しかし、自分の好きなことや強みを把握できたら、それを活かすために不得意な読み書きをどうするか、ということも自然と補っていけるのではないか」

「今はスマートフォンやパソコンで音声を認識して文字を書けたりとテクノロジーも発達してきている。その力も借りながら、ディスレクシアの人たちが自分らしく生きられる世の中になってほしい。自分の才能を生かして、得意な分野で幸せに生きている人たちはたくさんいる。そのことを、本人や保護者に知ってほしい」

■ディスレクシア啓発を応援できるチャリティーキャンペーン

チャリティー専門ファッションブランド「JAMMIN」(京都)は「EDGE」と1週間限定でキャンペーンを実施し、オリジナルのチャリティーアイテムを販売します。

「JAMMIN×EDGE」コラボアイテムを1アイテム買うごとに、700円がチャリティーされ、ディスレクシアの若者が発信する啓発動画を製作するための資金になります。

「諸外国では、映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏や実業家のリチャード・ブランソン氏などが啓発ビデオに出演し、同じディスレクシアの人たちにエールを送ると同時に、一般の人たちへ啓発を行っている。ディスレクシアの若者が作った啓発アニメやイラストに、彼らのエールをのせた動画を製作し、発信したい」(藤堂さん)

JAMMIN×EDGE」1週間限定のチャリティーデザイン(ベーシックTシャツのカラーは全8色、価格は3,400円(チャリティー・税込み)。他にパーカーやマルシェバッグ、キッズ用Tシャツなども販売)

JAMMINがデザインしたコラボアイテムに描かれているのは、様々なかたちのスイッチがついた電球。電球の中には、無限の宇宙が広がっています。一人ひとりの周囲にある社会や人々がその人を認め支えることで、本人の魅力や可能性が無限に広がっていく様子を表現しました。

チャリティーアイテムの販売期間は、7月9日~7月15日までの1週間。チャリティーアイテムはJAMMINホームページより購入できます。

JAMMINの特集ページでは、ディスレクシアについて、また「EDGE」の活動について、お二人へのより詳しいインタビューを掲載中。こちらもあわせて、チェックしてみてくださいね。

ディスレクシア(読み書き困難)が活きる社会を目指して〜NPO法人EDGE

山本 めぐみ(JAMMIN):
JAMMINの企画・ライティングを担当。JAMMINは「チャリティーをもっと身近に!」をテーマに、毎週NPO/NGOとコラボしたオリジナルのデザインTシャツを作って販売し、売り上げの一部をコラボ先団体へとチャリティーしています。2018年3月で、チャリティー累計額が2,000万円を突破しました!

【JAMMIN】
ホームページはこちら
facebookはこちら
twitterはこちら
Instagramはこちら

あわせて読みたい

「発達障害」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  4. 4

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  5. 5

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  6. 6

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  7. 7

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  8. 8

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  9. 9

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  10. 10

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。